スポット検索 検索

マイナビ マイナビ

世界のナビ 世界のナビ

観光情報 
  • エリア
  • グルメ
  • ショッピング
  • ビューティー
  • ホテル
  • エンタメ
  • 観光情報
  • わいわい広場


閉店・移転、情報の修正などの報告

20世紀初頭のオーストリアとドイツの芸術品が中心の美術館。外観、館内の雰囲気ともにしっとりした小さな美術館。

photo

ひっそりと5番街と86丁目にたたずむ、ちょっとヨーロッパ風な建物。一歩なかに入ると絵画、家具などの調度品、工芸品までオーストリア、ドイツのモダン芸術品がたくさん。やはり目玉はクリムト作品の「アデーレブロッホバウアー」。斬新なデザインの20世紀初頭の食器類、時計等の小物展示物も充実してる。小さな美術館なので、あまり肩ひじはらずに見学できる。オーストリア美術にふれたあとは館内のカフェ「サバスキー」でお茶をしてくつろごう。

  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo

ページTOPへ▲

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2011-03-27

  • ホテル予約
チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供

関連記事

カフェ・サバスキー

カフェ・サバスキー

まさにニューヨークの中のウィーン。ノスタルジックで優雅な20世紀初頭のウィーンのカフェ文化が楽しめる。