スポット検索 検索

マイナビ マイナビ

世界のナビ 世界のナビ

観光情報 
  • エリア
  • グルメ
  • ショッピング
  • ビューティー
  • ホテル
  • エンタメ
  • 観光情報
  • わいわい広場


チャージング・ブル

Charging Bull

閉店・移転、情報の修正などの報告

巨大で力強い牛はウォールストリートのシンボル的存在。撫でると良いことがあるとの噂ありのパワースポット。

photo

金融街にある牛の銅像。大きさ約5メートル、重さは約3181キロ。イタリア系アメリカ人芸術家、アルツューロ・ディ・モディカ氏の作品。1986年の株大暴落を乗り越えたようなアメリカの勇気と繁栄の象徴として作られた。また牛は上昇相場を意味。銅像は1989年12月15日にニューヨーク証券取引所のクリスマスツリーの下に勝手に置かれていた。同日夕方には撤去されたがボウリング・グリーン公園の提案により現在の場所に設置されたと言う登場秘話もある。睾丸を撫でると幸せになるとの噂があり、訪問する観光客が絶えない。

ページTOPへ▲

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2016-12-03

  • ホテル予約
チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供