スポット検索 検索

マイナビ マイナビ

世界のナビ 世界のナビ

観光情報 
  • エリア
  • グルメ
  • ショッピング
  • ビューティー
  • ホテル
  • エンタメ
  • 観光情報
  • わいわい広場


自由の女神(世界遺産)

スタチュー・オブ・リバティStatue of Liberty

閉店・移転、情報の修正などの報告

100年以上ニューヨークを見守ってきた女神像。たくさんあるニューヨークの観光スポットでも絶対にはずせないスポット。ニューヨーク唯一の世界遺産

こんにちは、ニューヨークナビです。今日は自由の女神をご紹介しましょう。自由の女神といえばニューヨークに来たほとんどの人が訪れる必見の観光スポット。ここを見ずにニューヨークは語れないくらいのニューヨークのシンボルですよね。この自由の女神は、自由と自立をたたえフランスから1886年に贈られたもの。以来、ヨーロッパからの移民が着くエリス島近くにあったことから移民の守り神、現在では観光スポットとして、ニューヨークの象徴になっています。地上からたいまつまでは約93メートル。右手にはたいまつ、左手には独立宣言書を持っています。
また、ニューヨークで唯一の世界遺産(文化遺産)でもあります!

アクセス方法

自由の女神はニューヨーク港上湾に浮かぶリバティー島に立っています。リバティー島へはマンハッタンの南端のバッテリーパークからフェリーでアクセスします。バッテリーパークからも小さくですが女神は見えますので時間のない人はバッテリーパークから見て後ろ髪を引かれつつ帰るなんてこともあります。

リバティー島へはバッテリーパークからフェリーに乗って15分。バッテリーパークで往復のフェリー切符兼リバティー島へのチケットを購入します。

1.チケットオフィスまでのアクセス
地下鉄4/5線 Bowling Green(ボウリンググリーン)下車。駅を出て地上にでると右手すぐに公園がみえます。ここがバッテリーパーク。公園内を海の方向へ向かって歩くと約2分で円形の茶色い建物のキャッスルクリントンが見えます。この中にフェリーのチケットオフィスがあります。長い時は切符購入のために30分待ちもあるでウェブサイトで購入がオススメです。

キャッスルクリントンチケットオフィス
営業時間 8:00-15:30 
現金、クレジットカード可
バッテリーパーク

バッテリーパーク

キャッスルクリントン

キャッスルクリントン

チケット売り場

チケット売り場

2.セキュリティチェックを受けます
フェリーに乗る前に空港の手荷物検査とほぼ同じセキュリティチェックがあります。台座と冠に行くチケットを持っている人はReservedの列に並びます。セキュリティチェックのあるテントに入る直前で係員が切符の半券をもぎ取ります。セキュリティチェックは空港と同様なので、ジャケットは脱ぎ、ベルト、時計貴金属類ははずし手荷物とともにX線を通します。この時点ではペットボトルなどの水はX線に通せば持込可能です。このセキュリティーチェックに長い時では90分かかると言われています。

3.フェリーに乗る

フェリーは始発が朝8時30分(5月末から9月5日までの夏季スケジュール)で、約30分ごとに運航しています。客室は船内に1階、2階客室とデッキの3階になります。1階と2階にはホットドックやソフトドリンクの売っているスナックバーがあります。船内にはフェリーのスケジュールが貼ってありますので帰りのフェリーの時間を確認しましょう。出港するとまずマンハッタンダウンタウンの景色を写真に収めるのにみんな必死。お天気がよければ、やはり写真撮影には窓のないデッキの3階がベター。船が自由の女神の正面を通るときには進行方向右手に見えるため乗客のほとんどが船右側に写真撮影で集まるので船がとても傾いているように感じてしまいます。
セキュリティチェック待ちの列

セキュリティチェック待ちの列

この中でセキュリティチェック

この中でセキュリティチェック

リバティ島行きフェリー

リバティ島行きフェリー

フェリーの中の売店

フェリーの中の売店

フェリー内2階の様子

フェリー内2階の様子

フェリー3階の様子

フェリー3階の様子

いよいよリバティ島に到着

船からの眺め

船からの眺め

桟橋を歩いて島に入り、右にまがり少し歩くと自由の女神正面に着きます。または島に入ってから正面に見えるアメリカ国旗に向かって歩いていくと、自由の女神の後ろにたどりつきます。島には自由の女神像、お土産屋さんのギフトパビリオン、クラウンカフェ、国立公園(自由の女神はアメリカ国立モニュメント)事務所があります。自由の女神像のある台座内は、自由の女神の模型等の展示場(台座内には台座または冠への予約者のみ入場可)になっています。
リバティ島の桟橋

リバティ島の桟橋

リバティ島入口

リバティ島入口

写真を撮りまくりましょう

正面からの自由の女神像、自由の女神を背景に、自由の女神の後ろ姿、アメリカ国旗、リバティ島からのマンハッタンの眺め・・・記念撮影はつきません。自由の女神のポーズでの写真撮影はお決まりですね。
正面と正面広場です。
あまり近くに寄りすぎると全体像が入らないので遠くからの撮影がベター。天気の良い日は写真撮影の後、芝生でくつろぐ人が多く見られます。自由の女神像を囲むように遊歩道が整備されているので、ブラブラ散策してみましょう。
芝生に囲まれています

芝生に囲まれています

記念撮影する人でいっぱい

記念撮影する人でいっぱい

写真スポットを求めてウロウロ

写真スポットを求めてウロウロ

後姿です。
船から下りてまっすぐ歩いて門を通るとアメリカ国旗広場に到着。自由の女神の後姿がすぐ見えます。テレビ等の映像では裏を見ることはないので新鮮な気がします。台座、冠部分へ行く人は2回目のセキュリティチェックを女神の裏にある白いテントで受けます。
アメリカ国旗広場

アメリカ国旗広場

台座、冠に行く人用のセキュリティチェック

台座、冠に行く人用のセキュリティチェック

台座、冠部分には登れるの?

台座部分の展望台

台座部分の展望台

台座からのマンハッタン

台座からのマンハッタン

台座、冠部分へは事前予約が必要。どちらも展望台になっています。台座へは1日3,000人まで、冠部分へは1日240人までと人数制限があります。人数制限があるため、冠部分の予約は数ヶ月前の予約が必要。

●台座(英語ではPedestal)
1日の人数制限に達していない場合は当日券をチケットオフィスで購入できますが、予約したほうが確実。台座の内部は自由の女神展示場になっていて、実物大の模型等が見学できます。台座の展望台までは156段の階段(徒歩約5分)mまたはエレベーターで上ります。

●冠(英語ではCrown)
こちらは通常のチケットより少し高く一人$16(フェリー代込み、2011年5月現在)。冠部分の展望台へはエレベーター、エスカレーターは一切ないので、せまい螺旋階段約350段を徒歩で上り下りすることになります。平均片道約20分。

*台座、冠部分のチケットは予約時にローマ字のフルネームが必要です。予約の変更、キャンセル、名前変更はチケット購入後はできません。

*〈注意〉2011年10月末より1年修復のため台座、冠部分には入場できません。
台座からの自由の女神

台座からの自由の女神

台座から島を撮る

台座から島を撮る

台座の中の展示場では実物大の女神の模型が見られます。

お腹が減っても大丈夫

クラウンカフェ
記念撮影の後は休憩しましょう。島の入り口付近にRefreshmentとかかれたビル内にクラウンカフェというハンバーガーやソフトクリームが売っているファーストフードショップがあります。ここで売っているお水は自由の女神像のボトルです。同じビル内にギフトショップが併設されていますが、こちら少し内容がまじめで写真集、歴史の書かれた本などが中心。もっとくだけたものをという方はとなりのギフトパビリオンがオススメ。
ファーストフード中心

ファーストフード中心

自由の女神の絵が入ったペットボトル

自由の女神の絵が入ったペットボトル

お土産も充実

ギフトパビリオン
さすがニューヨークの目玉観光地なのでお土産は充実。種類も豊富な定番のTシャツやマグカップ。2011年は125周年ということで125周年グッズもあります。そして、自由の女神に扮したバービー人形も。バラマキ土産から受け狙いのお土産まで対応できそうです。
ギフトパビリオン入口

ギフトパビリオン入口

自由の女神版バービー人形

自由の女神版バービー人形

ペンケースに自由の女神に扮したアヒル

ペンケースに自由の女神に扮したアヒル

定番の置物

定番の置物

懐中電灯です

懐中電灯です

125周年記念板チョコ

125周年記念板チョコ


帰りはニューヨーク行きのフェリーとニュージャージー行きのフェリーが出ているので間違えないようにフェリーの行き先を確認してから乗りましょう。ちなみに夏季の最終ニューヨーク行きのフェリーは18時。乗り遅れないように。
いかがでしたか?自由の女神像を見ているとニューヨークにいる実感がわいてくるはず!以上、ニューヨークナビがお伝えしました。
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo

記事登録日:2011-06-08

ページTOPへ▲

ユーザーアルバム

  • photo

    hiromi9884

  • photo

    siraitoro

  • photo

    siraitoro

  • photo

    siraitoro

ページTOPへ▲

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2011-05-24

  • ホテル予約
チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供

関連記事

自由の女神に上ってきました!~チケット購入から島到着までを解説~

自由の女神に上ってきました!~チケット購入から島到着までを解説~

下から見ているだけなんてもったいない!ぐるぐる螺旋階段が楽しい王冠への道のり。

ニューヨークのおすすめ観光スポット、ベスト5!

ニューヨークのおすすめ観光スポット、ベスト5!

まるで遊園地の乗り物のようにワクワクもほっこりもあるニューヨークのおすすめ観光スポット。どこから見ていいか迷っている人に満足度の高い5つをご紹介。