閉店・移転、情報の修正などの報告

貨物鉄道の跡が公園に変身、当時の線路が残されています。買い物、観光につかれたら、のんびり休憩しながらお散歩を楽しんでみては。

こんにちは、ニューヨークナビです。
2009年のオープン以来、ニューヨークを代表する観光スポットとして人気のハイライン。空中散歩が楽しめると言われるハイラインには従来の公園とは一味もふた味も違う魅力がぎっしり詰まっています。古いものをセンスよく復活させたニューヨークらしい公園です。
今回はハイラインの魅力に迫ります。

ハイラインとは?

ハイラインは廃線となった高架鉄道の線路を活かして作られた空中公園です。あまり知られてませんが1930年代から80年代まで34丁目からソーホーのスプリングストリートまで貨物専用列車が走っていたんですね。地上9メートル、ビル3階の高さに位置しています。公園建設の計画は2002年に始まりました。2009年にガンズボートストリートから20丁目までオープン。その後、20丁目から30丁目が2011年にオープン、30丁目から34丁目までの最終区間が2014年9月にオープンしました。2015年4月現在、30丁目付近にほんの少し未完成部分があるものの、ほぼ全区間オープンしています。

アクセス方法

ハイラインはミッドタウンの34丁目からミートパッキングディストリクトのガンズボートストリートまでの全長約2.3キロの南北に細長い公園です。
北端の入口は34丁目と11番街となり、地下鉄7番線の34丁目・ハドソンヤード駅から徒歩1、2分の距離です。もしくはM34バスが目の前まで行くのでそちらの利用も便利です。また、南端のガンズボートストリート入口は地下鉄A/C/E線14丁目駅から徒歩約7分です。ハイライン沿い約3ブロックおき11箇所に入口が設けられています。
全区間歩いてもいいし、途中だけ歩くのもお好み次第です。
34丁目と11番街の入口

34丁目と11番街の入口

ガンズボートストリート入口

ガンズボートストリート入口

開園時間


12月から3月: 7:00-19:00
4月から5月:7:00 -22:00
6月から9月: 7:00  – 23:00
10月から11月: 7:00 -22:00

※30丁目から34丁目は街灯がないため、日没30分前に閉園。また、事情により部分的に閉鎖することがあります。天候による閉鎖もあるので訪れる前にウエブサイトで確認してくださいね。

早速歩いてみましょう♪

歩いて眺めて楽しむ公園です。ちなみに自転車、スケボー、ローラースケートは禁止です。眺めを堪能しやすいようにいたるところにオーバールックと呼ばれるビューポイントが設けられています。歩き疲れたらたくさんあるベンチで休憩しましょう。廃線の線路跡やアートがところどころに出没し、アクセントになっています。周辺ビルのアートも見逃せません。それでは34丁目からご紹介しましょう。

■■34丁目から30丁目付近■■
2014年9月にオープンした一番新しい区間。ミッドタウンと言うと高層ビルのイメージがあるかもしれませんが、再開発中のエリアでさえぎるビルはありません。ハドソン川と空が一番良く見える区間です。ペンシルバニア駅のすぐ近くと言うこともありたくさんの電車が停まっている様子が見えます。

■■30丁目から20丁目付近■■
ビルに囲まれたまっすぐな道が続く区間です。そのため、ちょっと日陰が多いですね。単調で暗くなりがちな区間ですがアート、芝生の広場、ビューポイントと飽きさせない工夫がいっぱい。ビルとビルの間の廃屋のような雰囲気でさえ興味をそそられます。森のように木が多いのも特徴です。この区間は少し幅が狭いので譲り合いながら歩きましょう。
26丁目ビューポイント

26丁目ビューポイント

おすすめポイント

30丁目 なが~いベンチ
27丁目 屋上アート
26丁目 オーバールック
25丁目 壁アート
23丁目 階段状のベンチと芝生
(ハイライン内唯一の芝生、憩の場)

30丁目付近のベンチ

30丁目付近のベンチ

27丁目付近の屋上アート

27丁目付近の屋上アート

週末はこの人出

週末はこの人出

23丁目付近の階段状ベンチ

23丁目付近の階段状ベンチ

ハイライン唯一の芝生

ハイライン唯一の芝生

25丁目付近の壁アート

25丁目付近の壁アート


■■20丁目からガンズボートストリート■■
一番最初にオープンした区間です。この区間はハイラインをまたいでトンネルのように立っているビルがいくつかあるのが特徴。ところどころ広場のような空間がありほっとできます。ハイラインの南端のガンズボートストリート入口脇には2015年5月にホイットニー美術館がオープンしました。
スタンダードホテル

スタンダードホテル

おすすめポイント

17丁目 10番街スクエア&オーバールック
15丁目 チェルシーマーケットパッセージ
(パブリックアートと夏季は飲食屋台が登場)
15丁目 サンセットデッキ
(夏季はデッキ前の通りに水が流れる仕掛けあり)
12丁目と13丁目の間 スタンダードホテル
最南端 ティファニーオーバールック
(ガンズボートストリートを見下ろします)
10番街スクエア&オーバールック

10番街スクエア&オーバールック

チェルシーマーケットパッセージ

チェルシーマーケットパッセージ

サンセットデッキ

サンセットデッキ

遠くに自由の女神が見えます。

遠くに自由の女神が見えます。

ティファニーオーバールック<br>後ろはホイットニー美術館

ティファニーオーバールック
後ろはホイットニー美術館

ティファニーオーバールックからの眺め

ティファニーオーバールックからの眺め

ショップ・食べる・トイレ

ショップ
4月末頃から10月頃まで15丁目付近、30丁目付近にハイライングッズショップが出店。
食べる
4月末から10月頃まで15丁目のチェルシーマーケットパッセージと30丁目付近にブルーボトルコーヒー、アイスクリーム、軽食などの屋台が出店します。また、Terroirと呼ばれるビアガーデンも15丁目にて夏季営業します。
トイレ
17丁目付近とガンズボートストリート付近の2ケ所。
Terroir

Terroir

アイスクリーム屋台

アイスクリーム屋台


いかがでしたか?
周辺を眺めながら写真をとったりして歩く2.3キロは約1時間の道のり。ミッドタウンとミートパッキングディストリクト間の街並みの変化も楽しいです。元線路とあってくねくね小道もなく坂もほとんどなく歩きやすい場所です。週末は人、人、人で静かにゆっくり歩きたいなら平日の訪問がおすすめです。
以上ニューヨークナビでした。
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo

記事登録日:2015-05-01

ページTOPへ▲

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2011-05-29

  • ホテル予約
チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供

関連記事

ハイラインを歩いてみよう

ハイラインを歩いてみよう

2009年6月にオープンしたばかりの、今ニューヨークで一番注目を集める観光スポット、空中公園ハイライン(The High Line)をご案内します。