閉店・移転、情報の修正などの報告

本場アルゼンチンタンゴショーが堪能できるニューヨーク唯一のタンゲリア。バンデネオンの音色、迫力のダンスに魅せられます。

こんにちは、ニューヨークナビです。
2013年夏にエンターテイメントの街、ニューヨークに新しいスポットが登場しました!その名も覚えやすい「タンゴハウス。」本物が集まるニューヨークでも珍しいアルゼンチンタンゴショーが鑑賞できるスポットです。大人の夜にふさわしいタンゴとワインに酔う魅惑の夜を演出してくれますよ~。
それではタンゴハウスご案内しましょう。

ニューヨークでタンゴ?

なぜ、ニューヨークでタンゴ?と誰でも疑問に思うでしょう。まずエンターテイメントが盛んなニューヨークでは様々なエンターテイメントを受け入れるオープンさがあります。さらにダンススタジオが多いニューヨークはダンスのメッカ。タンゴ人口も多く、タンゴを習えるスタジオも数多くあります。そしてミロンガと呼ばれるタンゴ・ダンスパーティーも毎晩、どこかで開かれているくらいタンゴが盛んです。年に1回、夏にはタンゴフェスティバルも開かれ世界中からタンゴ好きが集まります。ですのでニューヨークはタンゴの隠れ聖地と言っても過言ではありません。

そんなニューヨークでもタンゴショー専門の鑑賞スポットはこのタンゴハウスが初めて!ライブでタンゴを楽しめる場所をタンゲリアと呼びます。このタンゴハウスは本場アルゼンチンの有名タンゲリア、エスキーナ・カルロス・ガルデスのショーをそのまま引き継いでいます。そして気になるダンサーには世界的に有名なホルへ・トーレス氏を中心に厳選された5組となれば高いレベルのダンスが繰り広げられるに違いありません。

場所はノーホー

タンゴハウスはイーストビレッジのすぐ近く、ソーホーの北、ノーホーに位置しています。徒歩5分圏内に地下鉄は3路線あり便利な立地です。そしてモダン・タンゴの巨匠アストル・ピアソラが幼少期に住んでいた場所から程近い場所にあります。また、目の前はシェイクスピア劇を中心に新しい演劇スタイルを披露することで有名なザ・パブリックシアターです。

<アクセス方法>
地下鉄6番線 アスタープレイス(Astor Place)駅下車。
地下鉄N/R線 8丁目―ニューヨーク大学(8St-NYU)駅下車

アスタープレイス駅

アスタープレイス駅

ザ・パブリック・シアター

ザ・パブリック・シアター

外観からすでにメロメロ~

お店が入ってる建物からして並々ならぬ雰囲気。なんと、こちらの建物は1830年代の建築、ニューヨーク市のランドマークとアメリカの歴史建造物に指定されています。できれば道の反対側からじっくり眺めてみてください。同じ建物に428、430、432、434の4つの住所が入っています。ミュージカルのブルーマンもこちらなんですよ。

タンゴハウスは一番南側に位置し、お店の外に並んだワイン樽が目印。ワイン樽の間の階段を下りた半地下がお店です。タンゴのイメージにふさわしい映画に出てくるような哀愁のただよう雰囲気で気分は盛り上がります。建物は古いですがタンゴハウスは2013年6月オープンです。

レストランも併設
ちなみに、1階は姉妹店のモダンアルゼンチン料理とアルゼンチンワインが味わえるレストランのマルベック。入口は別です。こちらでは前菜・メイン・デザートの3コースプリシアターコースが$38.00で用意されています。タンゴショーは午後8時からですのでマルベックでお食事をしてから、タンゴショーもいいですね。食事してからショー観賞するなら遅くとも午後6時30分には入店することをおすすめします。
マルベックの営業時間 17:30-23:00

さっそく店内へ!

まずバーで軽く一杯

地下に降りて入ってすぐはバーです。バーエリアは午後6時オープン。ここではアルゼンチンワインを代表するマルベックを中心にお酒、簡単なバーフードが味わえます。少し早めに到着してお酒を飲みながら、おしゃべりしてショーの開始を待ちます。日常から離れるちょっと贅沢な時間を過ごしてからタンゴの鑑賞なんてステキですね。ちなみに服装はカジュアルでかまいません。
小さなステージ
バーエリアの奥がタンゴショー会場です。開場は午後7時45分です。場末の酒場風インテリアのこじんまりした空間はうらぶれ感を演出しつつも新しくて気持ちいいです。堅苦しさはなく、くつろぎながら観賞できます。一番後ろとサイドにVIP席と称したソファー席が設けられています。ステージはここで踊るの?と疑問に思うくらい小さな場所です。ステージと客席の距離も近いです。こちらは食事をしながら観賞するショーではありませんのでショーに集中できますね。飲み物はバーで購入して会場に持ち込み可能です。
いよいよショー開始
午後8時にスペイン語と英語による挨拶でショーが始まります。ちなみにショーの間は残念ながら写真・ビデオ撮影はできません。しっかり目に焼き付けておきましょう!ショーは途中で演歌のように歌い上げる唄が2回入る以外はダンスのみのタンゴダンス尽くし。バンドはバンドネオン、ピアノ、バイオリン、コントラバスで構成。タンゴにかかせないバンドネオンの奏者は男性が多いとのことですがこちらは女性です。もちろんアストルピアソロの曲が演奏されます。
タンゴ三昧
歌が終わると華やかな衣装を身につけたカップルによる群舞でいよいよダンスショーが始まります。ワルツ風で優雅で和やかな感じです。その後は女性と男性のカップル計5組がダンサーが入替わり立ち代り登場。にこやかな表情で踊るダンスもあれば眉間に皺をよせて悩んでいるような表情がたまらないダンスもあり目が離せません。
踊りは新しいものより伝統的なものを中心にしているそうです。ストーリー性や大掛かりな演出はなくても様々なタンゴが楽しめます。アクロバット的な振り付けもあるし、優雅な動きから一転してただただ驚くばかりの素早いステップ。とにかく足さばきにホレボレします。スピード感あるステップとダンサーの表情が間近で見られるのも小さな会場ならではの良さです。そして女性バンドネオンもクールにかっこいいです。

最後はシャープな雰囲気の群舞で終了です。バンドネオンの響きに妖艶なダンスに魅了されあっと言う間に時間は過ぎてしまいます。
さて、ショーが終わったから帰ろう~と早々と帰路につかないでくださいね。ショー終了後はダンサー達がステージから降りてきますのでそのまま記念写真に突入しましょう。ショーは約1時間15分ですので終了は午後9時30分前後。あまり夜遅くならずにホテルに帰れて安心です。

☆チケットの購入方法

お店のウエブサイトからチケットは購入します。
タンゴショーは毎週火曜日から日曜日開催。午後8時開演。約1時間15分のショーです。
①希望の日をクリックします。
②Pick Your Own Seatsをクリックすると劇場内の座席表が出てきますので自分で席が選べます。
チケットは通常50ドルからです。
③クレジットカードで購入後、プリントアウトし当日持参します。

いかがでしたか?
見終わったあとは興奮状態!タンゴファンもタンゴを全く知らない人にもおすすめです。ナビも数日間は頭のなかでタンゴのリズムがグルグルと周り続けました。きっと「日本に帰ったらタンゴ習おう!」と思うはずです。将来的にはタンゴクラスも開始する予定だそうです。ショーの後はタンゴの興奮をそのままにマルベックでアルゼンチンワインを飲みたいところです。
以上ニューヨークナビでした。



記事登録日:2013-09-24

ページTOPへ▲

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2013-08-20

スポット更新日:2013-08-30

  • ホテル予約
チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供