スポット検索 検索

マイナビ マイナビ

世界のナビ 世界のナビ

トップ 
  • エリア
  • グルメ
  • ショッピング
  • ビューティー
  • ホテル
  • エンタメ
  • 観光情報
  • わいわい広場

ニューヨークの食べ物、ベスト5

ニューヨークの食べ物というと、みなさん何を思い浮かべるでしょうか?ニューヨーカーに親しまれている食べ物、人気ベスト5を紹介します。

こんにちは、ニューヨークナビです。ニューヨークの食べ物というと、みなさん何を思い浮かべるでしょうか?今日はニューヨーカーに親しまれている食べ物、人気ベスト5を紹介します。人種の坩堝、ニューヨーク。この街では世界各地の料理を味わえるレストランがあちこちにあり、あげればキリがありません。そこで今日は、ニューヨーカーに日常的に親しまれていて、誰もが手軽に楽しめる、定番中の定番の食べ物をご紹介します。

ベーグル

まず、ニューヨーカーの定番の朝ごはんとして、ベーグルがあります。ベーグルは最近日本でもおなじみ、ドーナツ状のパンでもちもちとした触感が特徴です。ニューヨークでベーグルは、19世紀末に移民してきた東ヨーロッパ系ユダヤ人によって伝えられた、という歴史があります。食べ方は半分に切り込みを入れて、クリームチーズをたっぷりはさんで食べるのが一般的。ベーグルのしっかりとした生地と、クリーミーな具のおかげで、一つでも満足できて、しかも腹持ちがいいのが特徴です。ベーグルの種類は、プレーンタイプから、シナモンなどでフレーバーがつけられたもの、ゴマやケシのがふりかけられたものなどさまざまです。クリームチーズも、スカリオン(ねぎの刻んだもの)やロックス(スモークサーモン)が練りこまれているものや、フルーツで甘く味付けされたものまであります。注文するときは、まずベーグルの種類を選びます。するとトーストするかしないか聞かれます。表面がかりっとした触感が好きならば、トーストしてもらうのがおすすめです。そしてクリームチーズの種類を選びます。またお好みで、ハムやターキー、スモークサーモンをはさむこともできます。

ホットドッグ

次に、ニューヨーク名物としてはずせないのがホットドッグ。ニューヨークの街を歩けば、通りにはホットドッグを売るベンダーがあちこちにあり、小さな子どもからビジネスマンまで、ホットドッグをほおばりながら歩く姿を目することができます。ホットドッグは、ニューヨークの風景の一部にとけこんでいるほどポピュラーな食べ物なのです。また7月4日、独立記念日に、ブルックリンのコニーアイランドで毎年行われるホットドック早食い競争は、1916年から100年近い長い歴史をもっています。ニューヨークのホットドッグは、たいてい温めたソーセージを細長いパンではさみ、トマトケッチャップやマスタードのソースに、お好みでたまねぎのみじん切りや、ザワークラウト、レリッシュ(ピクルスを細かく刻んだもの)をトッピングして食べます。ソーセージの香ばしさと、ケチャップやマスタードの酸味が絶妙のコンビネーションを生み出します。

ピザ

ニューヨークの街を歩いていて、至るところに目に付くのが、ピサのお店です。本格的なレンガのオーブンを使ったピザ専門レストランもいくつかありますが、ニューヨーカーは、ちょっと小腹がすいたときに街角のピザ屋に立ち寄って、一切れか二切れのピザをさっと食べていくという風景が日常的。たしかにニューヨークは歴史的にイタリア移民が数多く存在してきた街、これだけピザが普及しているのも納得できます。ニューヨークのピザは、ほかのアメリカの都市のピザと比べると、生地が薄くかりっとした触感をもつといわれていて、それは生地を練り上げるさいにつかわれる小麦粉の種類や、ニューヨークの水道水のミネラルの成分が影響しているといわれています。種類は、トマトソースにチーズをのせたシンプルなものから、ペパロニやソーセージ、いろいろな野菜をのせたものまでさまざまです。一切れはたいてい、直径18インチ(45センチ)のホールパイを8つに切り分けたもので、サイズはわりと大きめです。

マンハッタンクラムチャウダー

またここでひとつ、ニューヨークの名前のついたスープを紹介しましょう。その名も「マンハッタンクラムチャウダー」。クラムチャウダーはアメリカ各地で食べられている、アサリやハマグリを野菜と煮込んでつくるスープですが、もともと発祥の地はアメリカ東海岸のニューイングランドで、牛乳や生クリームで味をつけるのが一般的。それに対して、マンハッタンクラムチャウダーはトマトで味付けたスープです。一説には、ニューヨークではイタリア系移民の影響でトマトを使うようになったとも言われています。貝のだしの豊かな風味と、トマトのさわやかな酸味が合わさって、コクがありながらあっさりとした味が特徴。さらっとしているので、冷たくしても食べられるスープでもあります。

ニューヨークチーズケーキ

最後に、誰からも愛されるデザートして、ニューヨークチーズケーキがあります。これもベーグルと同様、東ヨーロッパ系ユダヤ人の移民たちによってニューヨークに伝えられた食べもののひとつ。ニューヨークチーズケーキの特徴は、チーズやクリームをたっぷりとつかって、しっとりとした触感を残すように焼き上げたもので、ずっしりと重く、なめらかでコクのある味わいが楽しめます。また、プレーンタイプのほかにもイチゴなどのフルーツや、チョコレートでアレンジしたものなどバリエーションも豊かなので、いろいろな種類にトライしてみてはいかがでしょうか。

ローカルな食べ物に触れるのは、まさに旅の醍醐味のひとつです。今日紹介した食べ物は、どれも手軽に楽しめるものばかりなので、街歩きの合間にニューヨーカーになりきってぜひ味わってみてください。以上、ニューヨークナビでした。

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

記事登録日:2011-07-22

ページTOPへ▲

関連記事

ニューヨークの屋台に挑戦しよう!

ニューヨークの屋台に挑戦しよう!

ミッドタウンを中心にたくさん見かける屋台。ニューヨーカーと一緒に並んで、ニューヨーカーの様に注文して街に溶け込んじゃおう。

その他の記事を見る