スポット検索 検索

マイナビ マイナビ

世界のナビ 世界のナビ

トップ 
  • エリア
  • グルメ
  • ショッピング
  • ビューティー
  • ホテル
  • エンタメ
  • 観光情報
  • わいわい広場

朝のニューヨークはこう歩く!

公園でのんびりお散歩にグリーンマーケット、ボリューム満点の朝食!ハッピーになるニューヨークの朝!

こんにちは、ニューヨークナビです。
旅先で迎える朝ってワクワクしませんか?朝の街を歩いていると生活している人の素顔が見え、自分も街にとけこんだ様な気がします。ニューヨークも日中とは違いのんびりした雰囲気が漂います。そして忘れてはならないのが朝食。何気ない朝食でも散策後はすっかり気分はニューヨーカーで食べれるはず?!それでは朝のニューヨークの楽しみ方をご紹介します!

ニューヨークの朝を楽しむために

1. 何時頃に出かければいいの?
平日のミッドタウンは朝6時30分頃には通勤の人が歩いていますし、公園も朝7時には出勤前のジョギングの人にワンちゃんのお散歩の人が行き交い始めます。週末は朝寝をして行動開始は遅くなります。平日は午前8時すぎくらいまで、土日は午前9時すぎくらいまでが朝の雰囲気を楽しめるでしょう。
2. 気をつけたいレストランの営業時間
ニューヨークに来たら週末ブランチ!と思っている人もたくさんいるでしょう。平日とは違ったリラックスモードのなかで食べる週末のブランチはニューヨーカーにとって1週間の仕事の後のごほうび。一つ気をつけてほしいのがブランチは開始が遅いです。レストランの開店時刻を確かめてから出かけてくださいね。
3. 歩きやすい靴で
朝のニューヨークは歩くことが基本です。歩きやすい靴に動きやすい服装で行きましょうね。

さぁどこへ行こう?


朝のニューヨークも面白そうと思う人は多いはず。でもあてもなくホテルを出発しても人がいないストリートをウロウロして終了なんてことにならないように。朝からニューヨークが満喫できる場所はこんなところ。

スーツ姿の人も多い朝のセントラルパーク

スーツ姿の人も多い朝のセントラルパーク

<朝のお散歩厳選3コース>
※もちろんジョギングにもおすすめコースですよ!

1.セントラルパーク
朝露でしっとりした草木が生み出す朝の空気は新鮮そのもの。開園時刻朝6時とともにジョギングする人、犬のお散歩、サイクリストが待ってましたばかりとやってきます。午前8時前後になると公園を横切って通勤する人もチラホラ。朝の時間は昼間より空いているせいかリードなしでお散歩するワンちゃんがほとんど。飼い主さん同士も仲良しで朝のおしゃべりが日課のようです。1日中犬のお散歩は見かけますがリードなしの散歩姿は朝ならでは。ジョギングする人とサイクリストは公園全体で見ますがワンちゃんのお散歩組は65丁目より北、通勤客は逆に65丁目より南に多そうです。
大型犬も多いセントラルパーク。飼い主同士のおしゃべりも楽しい朝の時間。

大型犬も多いセントラルパーク。飼い主同士のおしゃべりも楽しい朝の時間。


2.ハイライン
こちらは朝7時に開園。自転車や犬のお散歩は禁止なので歩く人かジョギングの人のみで歩きやすいのがうれしい。ハイラインのお楽しみはハイライン上のアートにハイライン沿いの建物や看板見物。カメラ片手にダラダラ歩いてみましょう。途中で道幅が狭くなる場所があるのでゆずり合いの精神が大切です。

3.ブルックリンブリッジを歩く!
朝から外出するなら思い切ってブルックリン・ブリッジまで行ってみましょう。片道約2キロ、写真を撮りながら歩いていると小一時間の道のり。ここもランナーにお散歩の人にサイクリスト、それに出勤する人と様々な人が橋を横断します。歩行者用レーンと自転車レーンと分かれていますので歩行者レーンを歩きましょう。自転車組はかなりスピードをだしているのでぶつからないように気をつけて。エンパイアステートビルに自由の女神も小さいですが見えるのでお見逃しなく。日の出が早い夏は難しいですが日の出直後に歩くとビル群に反射した朝陽がきれいとのうわさ。

■マンハッタン側の歩行者用入口への行き方
地下鉄4/5/6線 ブルックリン・ブリッジ-シティ・ホール(Brooklyn Bridge-City Hall)駅下車。地下鉄駅を出た目の前に歩行者用入口あり。
※マンハッタン側からスタートする場合は往復4キロ歩かなくても橋の中間地点で折り返せばマンハッタン側とブルックリン側の景色が見える。

■ブルックリン側の歩行者用入口への行き方
地下鉄A/C 線 ハイストリート(High Street)駅下車。入口は2箇所あります。①Tillary Street とAdams Streetの交差する場所。②Washington StreetとProspect Streetの交差する位置の階段を登った所。どちらも地下鉄駅から徒歩約5分。地下鉄駅周辺にはブルックリンの地図と案内板がありますので迷ったら確認しましょう。

朝から元気いっぱい!

グリーンマーケットに行ってみよう!
朝から元気な場所と言えば市場ですね!一番のおすすめマーケットはユニオンスクエアグリーンマーケットですが市内には季節限定のものも含めば約60ものグリーンマーケットがあります。毎日のように場所を変えるのもいいですね。日本では見ない野菜やサイズが極端に大きい野菜と日米の違いを肌で感じます。ニューヨーク近郊の地元産の新鮮な野菜はピカピカ光っていますよ。グリーンマーケットには蜂蜜やジャムを売っているお店にベーカリーもあり簡単に食べれるものや簡単に持ち帰る物もあるので要チェック。

 ●タイムズ・スクエア
朝からニューヨークのエネルギーを感じたいならやはりここしかありません。ネオンぎらぎらの中を足早に通りすぎるサラリーマンとOL、そして朝の情報番組Good Morning Americaの公開生放送は朝ならでは。朝8時からオープンするアメリカ東海岸最大店舗のフォーエバー21も忘れてはなりません。朝8時でもお客さんはそこそこ入っていて、真剣に洋服を選んでいます。

MOMAで美術鑑賞
MOMAことニューヨーク近代美術館は毎朝午前9時30分から午前10時15分まで、中庭を無料開放しています。もちろんMOMAの中庭ですのでピカソの作品をはじめ彫刻が数点ならんでいます。コーヒー片手にぼんやりする人やスケッチを取る人など、それぞれ朝の時間を過ごしています。1日をアートに囲まれて始めるのも素敵です。

評判の店で朝食を!

朝からベーグルにパンケーキにオムレツと種類豊富です。週末の朝食を家で食べるニューヨーカーはいないと揶揄されるくらい盛んな週末ブランチも忘れずにお試しくださいね。ぜひぜひ少し遠くても人気店に足を運んでみてください。やはりニューヨークは違うと感じるセンスの良さが朝食にもあらわれます。
エッグ・ベネディクト

エッグ・ベネディクト

ウエボス・ランチェロス(メキシコ風目玉焼き)

ウエボス・ランチェロス(メキシコ風目玉焼き)

ベーグルとクリームチーズ

ベーグルとクリームチーズ

パンケーキ

パンケーキ

ドーナツも朝食の定番です。

ドーナツも朝食の定番です。

朝の目覚めの一杯

朝の目覚めの一杯


いかがでしたか?
朝の公園でボールを追いかけるワンちゃん達を眺めたりしながらお散歩する時間がナビも好きです。散策後はお腹もペコペコなので朝からレストランで時間をかけて朝食をとることもあるんです。仕事の打ち合わせをしながら朝食中の人も多く見かけます。こんなシーンもニューヨークらしいですね。皆さんもニューヨークでは朝から街に繰り出してみてくださいね。
以上ニューヨークナビでした。




上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

記事登録日:2012-07-04

ページTOPへ▲

その他の記事を見る