スポット検索 検索

マイナビ マイナビ

世界のナビ 世界のナビ

トップ 
  • エリア
  • グルメ
  • ショッピング
  • ビューティー
  • ホテル
  • エンタメ
  • 観光情報
  • わいわい広場

マンハッタン発!バスで行く、ナイアガラの旅

世界3大瀑布のひとつである、ナイアガラの滝。眼前には、日本では決して見ることのできない、驚きの景色が広がります。

こんにちは、ニューヨークナビです。
アメリカとカナダの国境にある世界三大瀑布のひとつ、ナイアガラの滝。実は、アメリカ側の展望ポイントは、ニューヨーク州内にあるのです。

「せっかくニューヨークまで来たのだから、ナイアガラの滝を見てみたい!!」…というあなたに今回ナビが、ナイアガラの魅力を徹底レポートいたします。

ナイアガラの滝 基本情報

ナイアガラの滝は、五大湖のエリー湖からオンタリオ湖に向かって流れるナイアガラ川の途中にある、世界最大の滝です。

毎秒400 万リットル以上の水量が、落差60メートルの崖の上から流れ落ちる、ダイナミックな迫力が魅力。南米にあるイグアスの滝や、アフリカにあるビクトリアの滝と共に世界三大瀑布として数えられていますが、その水量は他を圧倒的にしのいでいます。

冬場は寒さが厳しく、時折大雪が降ることも。冷気によって滝から飛んだ水しぶきが凍り付き、周辺では樹氷が見られることもあります。

冬のナイアガラも美しいですが、やはり行くなら5月〜10月がおすすめ。七色の虹や霧に彩られた、大自然の素晴らしさを存分に味わえる季節です。

ニューヨークからナイアガラへの行き方


■飛行機
JFK空港から、バッファロー空港まで飛行機で約2時間。バッファロー空港からナイアガラまでは、バスが定期的に運行しています。この間は、約1時間。タクシーを利用することも可能です。

■鉄道
マンハッタン34stと8avの角にあるペンシルベニア駅(Pennsylvania Station)から、アムトラックという長距離鉄道で約9時間。「ナイアガラフォールズ駅(Niagara Falls)」で下車します。

■バス
マンハッタン42stと8avの角にあるポートオーソリティバスターミナル(Port Authority Bus Terminal)から、ナイアガラ行きの直通バスが出ています。所用時間は、片道約8時間です。

■ツアー
少ない時間を有効に使うにはやはりツアーを利用することをお勧めします。日本の旅行会社が企画するツアーは、飛行機利用で450ドル前後。チャイナタウン発のバスツアーを利用すると、2泊3日のホテル代とバス代込みで200ドル前後です。

今回は、バスでナイアガラへ!

今回ナビは、バスでナイアガラへと向かいます。バスは日本にもあるような大型観光バスで、トイレもついており、おおむね快適です。

様々な国籍の方が乗るバスですので、英語力に自信がなくても大丈夫。ドライブインでの休憩時間やバスへの集合時間が聞き取れれば、バスの旅を楽しむことができるでしょう。もし聞き取れなかったら、ドライバーに「集合時間を紙に書いて」と頼みましょう。外国人の対応に慣れているドライバーがほとんどなので、柔軟に対応してくれます。


ニューヨークからアメリカ側のナイアガラビューポイントまでは、およそ8時間。途中休憩を挟みながらの長距離ドライブになりますので、ネックピローや膝掛けなどを持っていくといいかもしれません。

壮大な自然の景勝地、ナイアガラ。

いよいよバスを降りて、滝のある方向へ。日本で聞く「滝の音」とは遥かに離れたすさまじい轟音が聞こえ、胸が高鳴ります。そして到着後……目の前に広がるのは壮大な自然の景勝地。緑の木々に囲まれて、ダイナミックな迫力で流れ落ちる滝は、圧巻のひとことです。水しぶきによって霧や虹が作られ、滝を美しく彩っています。

名物アトラクション、霧の乙女号。

ここからは遊覧船「霧の乙女号」(Maid of the Mist)に乗船し、滝壺へとさらに接近。水しぶきで服が濡れる恐れがあるので、乗船場の入り口ではビニールのポンチョを配っています。完全防備をして船に乗り込みますが…すぐに「これは役に立たない」と気づくでしょう。かかる水の量は凄まじく、髪の毛や顔、服がすぐさまびっしょりに。しかし、目に映るのは恐ろしいほどの絶景!轟々と音を立てて流れる滝を間近で楽しむことができ、迫力満点の30分間でした。

夜は、ナイアガラが7色に輝く!?

マンハッタン発!バスで行く、ナイアガラの旅 ナイアガラ 滝 ツアー 観光バスニューヨーク近郊 マンハッタン発!バスで行く、ナイアガラの旅 ナイアガラ 滝 ツアー 観光バスニューヨーク近郊 マンハッタン発!バスで行く、ナイアガラの旅 ナイアガラ 滝 ツアー 観光バスニューヨーク近郊
昼間の荘厳な美しさとは、180度違った様相を見せてくれるのが、夜のナイアガラ。実は夜、ナイアガラの滝は強力なライトにより、7色に彩られるのです。まるで、カラフルで巨大なカーテンを見ている様な、ライトアップショー。光と水が織りなす幻想的なシーンに、心の底から魅了されます。ライトアップの開始時刻は、日没時間によって季節ごとに異なります。

周辺には有名ワイナリーが80軒以上!

マンハッタン発!バスで行く、ナイアガラの旅 ナイアガラ 滝 ツアー 観光バスニューヨーク近郊 マンハッタン発!バスで行く、ナイアガラの旅 ナイアガラ 滝 ツアー 観光バスニューヨーク近郊
この旅行の楽しみは、滝だけではありません。ナイアガラ周辺は、実はアイスワインの産地としても有名。秋にブドウの実を収穫せず、樹につけたまま冬の到来を待ち、ナイアガラの厳しい寒さにより幾度も凍結と解凍が繰り返されることで、極上のアイスワインが生まれます。凝縮された甘みと芳醇な香りが楽しめるアイスワインを造るワイナリーは、なんと周辺に80軒以上!時間が許せば、ぜひタクシーで出かけてみましょう。テイスティングカウンターを備えた所が多く、レクチャーを聞きながらワインを楽しむことが可能です。中には、レストランが併設されたワイナリーも。グルメ好きな方にとっては、ひと味もふた味も違ったナイアガラを楽しむことができるでしょう。

ナイアガラの滝自体は一日あれば観光できますので、飛行機ならばニューヨークからの日帰りも可能です。しかし、周辺には、美しい滝を部屋から望むことができるホテルや、カジノといった、ここでしか楽しめない施設もありますので、ぜひ一泊してみることをお勧めします。

以上、ニューヨークナビの「ナイアガラの旅」レポートでした!

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

記事登録日:2013-01-16

ページTOPへ▲

その他の記事を見る