スポット検索 検索

マイナビ マイナビ

世界のナビ 世界のナビ

トップ 
  • エリア
  • グルメ
  • ショッピング
  • ビューティー
  • ホテル
  • エンタメ
  • 観光情報
  • わいわい広場

ニューヨークのアフタヌーンティー・ルーム特集

豪華なホテルから気軽なお茶屋さんまで…オススメのアフタヌーンティー・スポットを紹介します!

こんにちは、ニューヨークナビです。
今回ご紹介するのは、ニューヨークでアフタヌーン・ティーが楽しめるスポットについて。豪華なホテルのティー・ルームや、街角にある気軽でオシャレなティー・ハウスなど、ニューヨークにはアフタヌーン・ティーを提供する場所がたくさんあります。多くのお店が紅茶だけでなく、室内の装飾などにも力を入れているので、それぞれの個性を味わうだけでも楽しい♪

アフタヌーン・ティーの価格は30ドル〜65ドル(税・チップ含まず)とちょっとお高めですが、一回で紅茶と、様々な種類の料理が味わえるので、その価値は充分アリ。ほとんどの店舗のアフタヌーン・ティー・サービスは午後2時か3時からのスタートですが、サンドウィッチとスコーン、焼き菓子がたっぷり出てきますので、事前のランチはかなり軽めにしておくことをオススメします。

それでは、数あるニューヨークのお店の中で、ナビのイチオシのティー・ルームを4店舗、紹介します。

※文中の料金を含めた店舗情報は、2015年11月のものです。

歴史あるプラザホテル内、贅をつくした内装を楽しむ


■「パームコート(The Palm Court)」 in Midtown

まず最初にご紹介する場所は、小説『グレート・ギャッツビー』や映画『ホーム・アローン』など様々な作品に登場し、ニューヨーク市の歴史的建造物にも指定されているプラザホテル。そのロビーラウンジ「パームコート」で、アフタヌーン・ティーが楽しめます。伝統的なアフタヌーン・ティー・サービスの他、ローストビーフのサンドウィッチやチーズケーキなど、ニューヨークならではのアクセントが入った「The New Yorker」($65)というメニューをはじめ、様々な種類が味わえることも魅力。
天井の大きなステンドグラスをはじめ、贅をつくした内装に、思わずため息が漏れます。由緒ある場所だけに、そのラグジュアリーな雰囲気を楽しむだけでも価値はアリ。もちろん、紅茶とお食事もハイレベルです。

とくに、サンドウィッチ!ニューヨークのサンドウィッチは、パンの部分がパサパサしている店も多いのですが、こちらは一番しっとりとして美味しかったです。ハリウッドセレブもよく訪れる場所なので、運が良ければ有名人に会えるかも!?

優雅な雰囲気を満喫!お屋敷風ティー・サロン

■「レディ・メンデル・ティー・サロン(Lady Mendls Tea Salon)」in Gramercy

お次は高級住宅街、グラマシーのティー・サロンをご紹介します。1834年、今から200年近く前に建てられたタウンハウス内にあるのがこちら、「レディ・メンデル・ティー・サロン」。ドアの前の小さな看板に目を留めなければ通り過ぎてしまうような、隠れ家風サロンです。
中に入ると、あかく燃える暖炉に、クラシックなインテリアが調和し、なんとも優雅な雰囲気。

テーブルセッティングやルームデコレーションがとても素敵で、優雅さという点では、今回訪れた中ではトップでした。ティー・ルームは予約客のみが入室できる、こぢんまりとしたスペースで、特別感が味わえます。
こちらは、5種類のお皿がサーブされるアフタヌーン・ティー・コース($59)。3段トレイではなく、一皿ずつサーブされます。

一口大のキッシュからスタートし、お代わり自由のサンドウィッチ、スコーン、ミルクレープ、最後にプチ・フルールと、盛りだくさんの内容。ミルクレープはニューヨークで大人気の日系ケーキショップ、「Lady M」のもの。最後のデザートに生菓子が出てくることはアフタヌーン・ティーでは珍しく、味ももちろん期待を裏切らないものでした。

カジュアルでお洒落な、街角ティーパーラー


「ボジエ・ティーパーラー(Bosie Tea Parlor)」in Greenwich Village

おしゃれな街角にある、気軽なティーパーラー「ボジエ」。ドレスも予約もいらない、カジュアルな“街のお茶屋さん”です。しかし紅茶の種類は、圧倒的。お店に入ると、カウンターの向こうには何十種類ものお茶の缶がズラリ。店員の方の知識も豊富で、お好みのスイーツに合う紅茶など、相談に乗って貰いながら選ぶことも可能です。
こちらのペイストリーシェフは、言わずと知れたパリの「ラデュレ」、NYの「ブーレイ・ベーカリー」出身。デザート類には定評があり、テイクアウトのお客様も多く訪れます。

特にマカロンはとっても美味しかったです。サンドウィッチは少しパサパサしていましたが、スコーンはしっとり。デザートは甘さがちょうど良く、日本人の舌にも馴染みやすい味でした。アフタヌーンティーサービスが1人$32というのも、嬉しいですね。

可愛い店内で、不思議の国のお茶会を


■「アリスズ・ティーカップ(Alices Tea Cup)」in Uptown

不思議の国のアリスをモチーフに生まれたティーハウス、「アリスズ・ティーカップ(Alices Tea Cup)」。セントラルパーク周辺に3店舗を構え、ニューヨーカーにも観光客にも大人気のお店です。

こちらは大人も子どもも気軽に楽しめる雰囲気なので、お子様連れの方にもオススメ。ただ小規模の空間なので、順番待ちをしなくては入れないことも良くあります。

価格・内容共に数種類のアフタヌーン・ティー・サービスが用意されていますが、人気のメニューは「”The Mad Hatter(マッド・ハッター)」($48)。そう、あの“いかれ帽子屋”が開催する不思議の国のお茶会をモチーフにしています。

紅茶の種類は100種類以上。ブラックティーやホワイトティー、またはグリーンティーをベースに様々なフレーバーをブレンドしており、気分に合わせて選ぶことができます。

店内には様々なアリスグッズも販売されており、否応無しに女子のハートを掴んでしまうお店です。

ニューヨーク・ティールームマップ

.

いかがでしたでしょうか。ほんのひととき、日常を忘れて、おいしいお茶と食事、会話を優雅に楽しむ……それだけでも、かなりリフレッシュできるはず。アフタヌーン・ティーはイギリス伝来の文化ではありますが、ニューヨークでは伝統的なものから、アメリカ風に少しアレンジされたものまで、多様な空間があります。大切な人と、素敵な時間をお過ごしください。

以上、ニューヨークナビでした。

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

記事登録日:2013-03-27

ページTOPへ▲

関連記事

初めてでも安心♪アフタヌーン・ティーの楽しみ方

初めてでも安心♪アフタヌーン・ティーの楽しみ方

これさえ知っておけば、NYでアフタヌーン・ティーを2倍楽しめる!伝統的なマナーや楽しむポイントを伝授します。

その他の記事を見る