スポット検索 検索

マイナビ マイナビ

世界のナビ 世界のナビ

トップ 
  • エリア
  • グルメ
  • ショッピング
  • ビューティー
  • ホテル
  • エンタメ
  • 観光情報
  • わいわい広場

ウエスト・ビレッジでビューティー・センスを向上させよう!とっておきコスメショップ大特集。

マンハッタンのウエスト・ビレッジには素敵なビューティーショップがいっぱい。ニューヨーカーに大人気、見ているだけで気分が上がる、素敵なショップたちを大紹介!

こんにちは。NYナビです。マンハッタンの14th St.と8th Ave.付近から南におりた数ブロックのあたりに位置するウエストビレッジ。マンハッタンの中なのに、街が碁盤の目のような構成ではなく、細いストリートが色々と曲がりくねっているエリア。チャーミングなアパートやビルが軒を連ねているこの地域はニューヨーカーだけでなく観光客にも大人気。緑の多い、小さなストリートに点在する、おしゃれなレストランやバー、ショップたち。週末などはたくさんの人で賑わいますが、なぜかいつもウエストビレッジにはゆったりとした空気が漂っています。マンハッタンの他の地域などに比べ、大きな建物が少ないので小さな、でも個性的なショップやレストランが多いのも特徴です。
そんな中、今回ナビがご紹介するのは女性必見のビューティーショップたち!スキンケアからキャンドル、バス、ボディー用品など女心がくすぐるられる素敵なグッズを扱っているお店を一挙紹介したいと思います。とても雰囲気の良いウエストビレッジ、散歩がてらそんなショップたちをチェックしてみませんか?

ウェストビレッジのお店をご紹介♪

まずは地下鉄A,C,Lライン、8th Ave.の駅のすぐ近くに位置するソーポロジー。外から見るとあまり目立たない小さなショップですが、一歩足を踏み入れると広がるのは大量のアイテムたちが美しくディスプレイされた素敵な空間。
壁一面の棚に美しく並べられた美しい色のキャンドルからバスソルト、マッサージオイル、スキン&ボディーケア用品など、全てがこのお店のオリジナル、ひとつの商品でも5種類くらいの香りのバリエーションがあったり、選ぶのに迷ってしまいそう。
素材にもこだわり、ナチュラルで体への刺激が少ないものを使用している。商品のパッケージもこの店の大きな魅力の一つで、金色のボトルのふた、そしてクラシックな雰囲気のラベルなども品のある素敵なアイテムはお土産にしても喜ばれそう。店の奥にはアンティークの猫足のバスタブがディスプレーとして使われているのも、とても素敵。
優しいシャンデリアの光がこぼれる優雅な店内でNYの喧噪を忘れてゆっくりショッピングを楽しんでみては?
そして次に紹介するのはナビも大好きなこのお店、イーデス・デ・ヴェニスタス。ウエストビレッジの中でも住宅街でさらに静かなストリートに位置している。ドアを開けて中に入るとそこは別世界。薄暗い照明にキャンドルライト、巨大なバラの花束たち、ベルベットのカーテンにアンティークの椅子。壁一面に飾られた様々なサイズの肖像画たち。店の奥に飾られた孔雀の剥製。なんだか16世紀のフランスの貴族の家に迷い込んだかの様な気になる。オリジナルの香水をはじめ、ルームフレグランスやボディー商品を数点プロデュース/販売している。その他にもキャンドルやショップのセレクトした他社ブランドの香水なども手に入る。オリジナル商品のパッケージから店内の家具、ディスプレー、雰囲気と全てがゴージャス。歴史を感じさせ品がある店内は一見の価値あり!とてもロマンチックな気分にさせてくれるショップです。
パリ発祥、今では世界中で人気を誇るこのキャンドルショップ、ディプティーク。上質な材料を惜しみなく使って作られるキャンドルはNYでもたまにセレクトショップなどで目にすることがある。このウエストビレッジのショップはブランド直営店なので、現在本店パリで扱っているのと全く同じ品揃えから商品を選ぶ事ができる。そして直営店ならではの、オリジナルのボディーケア用品や、バスジェルなども数点販売しているのはとてもスペシャル。いい香りの漂う店内にはフレンドリーで知識豊富なスタッフがいるので質問などにも答えてくれる。値段設定も少し高めのショップだけあり、店内のディスプレーや家具などもゴージャス。ミニマルなキャンドルのパッケージングといい対照を生み出している。
NY内に支店を数店もつ大人気のAesop(イーソップ)。ウエストビレッジに待望のオープンを果たしたこのブランドはオーストラリア生まれ。スキンケアを始め、ボディーケア、そしてヘアケア用品と、全てオリジナルブランドのものを販売。ナチュラルな成分と、現代のテクノロジーを合わせた体に負担の少ない商品を作っている。ヨーロッパでも大人気のこのショップ、ニューヨーカーだけでなく世界の多くの人に愛されているブランドだ。ひげ剃り用のクリームやアフターシェーブ用品など、メンズコーナーも。スキン&ボディケア商品はもちろん、このブランドのヘアケア商品には大きな定評がある。トラベルセットやリップバームなど、ちょっと気軽に試せるアイテムも充実している。
シンプルでモダンなデザインの商品とマッチする開放感のあるシンプルな店内はいつも人で賑わっている。分からないことがあったらスタッフが親切にアドバイスをしてくれるのもうれしい。
次はウエストビレッジに来た際はぜひ立ち寄りたい、そして実際立ち寄る人が多いのがこの6th Ave.沿いに位置するシー・オー・ビガロー。地下鉄W.4th Stの駅からすぐという立地条件もあり、地元の人から観光客まで多くの人に利用されている。なんと1800年代にオープンしたこの歴史のあるショップ、当時からニューヨーカーの生活をクオリティーの高い商品たちで支えてきている。オープン当時から専属のドクターたちによって開発販売の始まったオリジナル商品は現在もNYのホテルのノベルティなどにも使用されたりとニューヨーカーにも大きな人気を誇っている。オリジナル商品はリップバームからボディーソープ、ハンドソープなど生活に欠かせないものがそろえられている。メンズの商品もあり。昔から人々に愛され、続いてきたアイテムには貫禄すら感じられる。クラシックなお店のロゴの入った商品はデザインも素敵。お土産としても幅広い層の人たちに楽しんでもらえるような、幅広いラインアップも魅力。
1800年代からオープンしている現在のウエストビレッジのショップは店内にも歴史を感じさせられる。店内奥にある薬局コーナーはオープン当時から使われていそうな大きな棚が設置されている。ここに長年働いているのであろう薬剤師たちが処方された薬の販売などをしている光景は当初からあまり変わっていないのでは?侵入は禁止されているが、美しい2階部分もある。このショップの建築スタイルや、家具をながめるだけでもとても興味深い。
広い店内に並べられた商品はオリジナルブランド製品のみならず、独自のセレクトで集められた幅の広いブランドの商品が。イギリス皇室愛用の歴史のあるヘアブラシメーカーの商品や、アメリカで大人気のナチュラルスキンケアライン、Freshの商品まで、新旧交えたハイクオリティな商品のセレクトは店に独特のキャラクターを与えている。店内の中心部分はデパートの化粧品売り場のようなカウンターが設置され、様々な種類のヘアアクセサリーや、化粧品、そして香水なども販売されている。取り扱っているものの品数の多さ、そしてその品揃えは、全てをじっくり見ようと思うと結構な時間を費やしてしまう。オリジナルのスキンケアラインの他にも店内にこっそりとオリジナルのロゴ入りのトートバックも販売されているのもチェックしてみよう。
そして最後に紹介するこのお店、アビニョン・ファーマシーも6th Ave.沿いという便利な所に位置している。お店の前にかかっている緑十字のネオンサインはヨーロッパの薬局でよく見られるもの。そう、この店は薬局/ファーマシーです。でも薬局といってもここのセレクションにはちょっとユニーク。風邪薬や胃腸薬など、アメリカでのベーシックなものも全てそろえてあるのですが、この薬局は他の大型店とはちょっと違い、ヘアケア商品、スキンケア商品、ボディケア商品のセレクトに力を入れています。アメリカで人気の高いオーガニックのブランドを始め、アメリカではあまり見かける事の少ない、フランスやヨーロッパ各地で人気の高い低刺激やオーガニックのブランドを多く扱っているのです。
普段NYの薬局ではなかなかお目にかかる事のできないハイクオリティで体に優しいアイテムを幅広くそろえている店内は見ているだけでとても楽しい!オーガニックの洗剤なども扱っていて、体に優しい生活スタイルを提供する薬局、ナビの家のそばにもあるとうれしいのですが。旅行中にシャンプーがなくなった!なんて時に立ち寄ってみると興味のあるものが見つかるかも。センスの良いキャンドルやルームフレグランス、マニキュアなどもそろい、見ていて飽きないショプです!

さて、いかがでしたか?免税店で買える有名ブランドの商品も楽しいけれど、個性的な魅力のあふれるショップでその店独自のセレクションを楽しみつつショッピング、いつもよりもスペシャルなものが見つかるかも?!天気の良い日にウエストビレッジにぜひ足を伸ばし、ニューヨーカーの美の秘密、そんなとっておきのアイテムを探してみてください。以上、NYナビでした!

今回紹介したお店を地図で見てみよう

.

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

記事登録日:2014-01-08

ページTOPへ▲

その他の記事を見る