スポット検索 検索

マイナビ マイナビ

世界のナビ 世界のナビ

トップ 
  • エリア
  • グルメ
  • ショッピング
  • ビューティー
  • ホテル
  • エンタメ
  • 観光情報
  • わいわい広場

ニューヨークのコンビニ&ドラッグストアで買えるお土産 BEST10

デリや有名スーパーに隠れて見逃しがちなコンビニ。現地の人しか行かないような場所だからこそニューヨーカーの生活に密着したおみやげが買える穴場スポットかも?

こんにちは。ニューヨークナビです。
お買い物って旅行中の楽しみのひとつでもありますよね。しかしそれがおみやげ、となると途端に好き嫌いが分かれてしまうのでは?アジアやヨーロッパとは違ってアメリカのほとんどのものが日本でも買えるし、逆に買えないものは高価すぎたり需要がなさそうだったり…しかも日本より物価が高いので、気軽にバラマキ出来そうなものもなかなか見つかりません。そんな中、コンビニのものって結構おみやげになるんじゃないかな?ということでベスト10を紹介したいと思います。

1位 Burt's Beeもの

なんといっても1位は、アメリカ生まれで肌に地球にやさしいバーズビー(Burts Bee)。蜂蜜を取った後に残るミツロウ(ビーワックス)をベースとして使用し、ハーブや花、野菜や果物など昔から使われていた天然素材を加えて作られています。パッケージデザインもかわいいだけでなく再生紙やリサイクル可能なガラス瓶を使用しているので環境にも優しいです。
お手軽なのはリップクリームですが、バスケアグッズやベビー用品のママビー・ベビービーシリーズなども人気があります。ニューヨークでも大人気なので、オーガニック系のスーパーにとどまらずなんとコンビニでも買えちゃいます。しかも分かりやすくコーナーで分けられていたりして見つけやすいんですよね。
価格も10ドル前後からなので、おサイフにも優しい!というのが1位の理由です。
こんな感じにピックアップされていて分かりやすいお店も多いです

こんな感じにピックアップされていて分かりやすいお店も多いです

リップはやはり人気No.1ですよね

リップはやはり人気No.1ですよね

2位 自社ブランドもの

日本のスーパーやコンビニに自社ブランドがあるように、ニューヨークにももちろんあります。デュアンリード(Duane Reade)ではデリッシュ(deLish)という食品関係のブランドがあり、スナックなどは自由の女神やエンパイアステイトビルの絵が描かれていていかにもニューヨーク!って感じです。
実はこのデュアンリード、ニューヨーク発祥ではありますが、2010年に全米チェーンであるウォルグリーン(Walgreen)に買収されています。なのでウォルグリーンの自社ブランドのナイス(Nice!)のものも売っており、こちらはデザインがシンプルかつポップでかわいく、また小分けサイズがけっこうありバラマキにとても使いやすいです。
お菓子だけじゃなく調味料やパンケーキの粉、グラノーラなどもあります。自社ブランドだけあって同様の商品より少し安い、というのもうれしいです。
deLishシリーズ

deLishシリーズ

こんなかわいい動物クッキーもあります

こんなかわいい動物クッキーもあります

3位 チップス類

アメリカではハンバーガーの付け合わせに出て来るように立派なおかずのひとつと言っても過言ではないチップス。最近ではヘルシー志向なものやベーグルをスライスしてチップス状にしたものなど多種多様です。日本ではあまり見ないようなフレーバーのものもたくさんあり、また小分け状になった小さいサイズも手に入りやすいのでおみやげにしやすいんじゃないかな、と思います。
ナビのオススメはケトルシリーズ。厚切りのジャガイモを低温でじっくり揚げているので、油分が少なくヘルシーです。ハラペーニョ味やチェダービアー、アンソルテッド(塩味なし)など食べてみるまで分からないような味もおもしろいですよね。またトルティーヤチップスやオーガニックポテトを使ったもの、40%油分をカットしたシリーズもあります。
こちらもお気に入り。ベーグルチップスです

こちらもお気に入り。ベーグルチップスです

Kettleシリーズ

Kettleシリーズ

Niceブランドのチップスもあります

Niceブランドのチップスもあります

こちらはベジタブルチップスのブランド。グルテンフリーのものもあります。

こちらはベジタブルチップスのブランド。グルテンフリーのものもあります。

アメリカ版カルビーのさやえんどう

アメリカ版カルビーのさやえんどう

4位 Campbell'sのスープの缶詰

あえてスープをお土産に選んだのは、これです。キャンベル(Campbells)。アメリカを代表するポップアーティスト、アンディーウォーホルのキャンベルのスープ缶の絵はあまりにも有名ですのでなんだか良く分からないけど見たことあるような…という人も多いんじゃないでしょうか?
世界中で販売されていますが本社は実はニューヨークのお隣ニュージャージー州にあります。

やはり人気なのはチキンヌードル、クリームオブマッシュルーム、トマトの3種類のようで、コンビニで見かけるのはほとんどこれらになります。
缶詰だと重いし…という人には粉末状の一人用サイズもあります。日本で販売されている物とアメリカの物とは微妙に味も違うので、比べてみてもおもしろいですね。
いろんな種類があります

いろんな種類があります

飲み終わった後もマグカップとして使えるものも。

飲み終わった後もマグカップとして使えるものも。

マカロニ&チーズも人気です

マカロニ&チーズも人気です

5位 グミ、タフィー

アメリカのお菓子って、どうやったらこんな色付けが出来るの?といった物多いですよね。その代表的なのがグミです。
色とりどりでかわいいし、期待を裏切らない甘さではありますが、想像つかない味、というわけでもないので意外と無難なおみやげになるんじゃないかな、と思っています。
パッケージもかわいい物が多く、またなんでもサイズが大きいアメリカのなかでわりと小さいパッケージがそろっているのもこの甘い系のお菓子だと思います。タフィーやジェリービーンズなど、食べた事ないものに挑戦出来るのもこういったお菓子の良いところですよね。
食べた後に口の中が真っ青!になってたりするのも、またアメリカらしくて楽しかったりします。
たくさんあって迷っちゃいますね

たくさんあって迷っちゃいますね

パッケージがかわいい

パッケージがかわいい

容赦なくすっぱそうなレモンキャンディー

容赦なくすっぱそうなレモンキャンディー

クローラーという名前のグミキャンディ

クローラーという名前のグミキャンディ

6位 本・雑誌

もしお土産を渡す相手が英語を読めるのであれば、本をおみやげにしてみるのはいかがでしょうか?
雑誌なら写真が多いので英語があまり分からなくても見ていて楽しいし、所変われば文化も変わるってことで日本で売っている有名雑誌でもアメリカ版と日本版が結構違ったりします。ゴシップ系のセレブがたくさん載った雑誌は分かりやすいし写真も多いのでお土産にしやすいと思います。
また子供向けの本などは優しい英語で書かれていたりするので、お子さんや英語を勉強中の方へのお土産にするのも良いと思います。最近では日本同様付録付きの雑誌もたくさんあり、そういった基準で選ぶのもありかと思います。
ゴシップ雑誌はパラパラ見てるだけでも楽しい

ゴシップ雑誌はパラパラ見てるだけでも楽しい

有名どころの雑誌がずらり

有名どころの雑誌がずらり

7位 変わったもの 風邪予防の薬

そろそろ変わった物を…ということで、風邪予防の薬をピックアップさせて頂きました。
サプリメント大国アメリカではいろいろな種類のサプリがありますがこちらは抵抗力を高める事を目的とした、これから飛行機など人の多いところに行く時や、風邪の引き始めに飲む物です。グレープフルーツ味やレモンライム、チェリー味なども錠剤を水に溶かしてジュースみたいな感じで飲みます。

結構効くというウワサですが薬ではなくあくまでもサプリ。効果は個人差がありますのであしからず。

8位 スターバックスの飲み物

今や日本のコンビニでもスターバックスの物が買えると思いますが、本場アメリカとなるとその種類が半端ない!フラペチーノテイストだけでなく普通のアイスコーヒー、そしてエナジードリンクまで。日本でも一時リフレッシャーズシリーズが発売されていたようですが、こちらは普通にコーヒー味のエナジードリンク、ダブルショットシリーズもあります。昔なつかしいコーヒー牛乳のような瓶がかわいいですね。
イタリアのコーヒーですがイリー(illy)も日本のとは違い瓶で売っています。
またエナジードリンクつながりでアメリカではいろんな味が販売されているモンスターはコーヒー味もあります。カフェインが大量に含まれている事の多いエナジードリンクとコーヒー、切っても切れない関係なんですね。
illyのコーヒーは瓶がかわいいですね

illyのコーヒーは瓶がかわいいですね

モンスターのコーヒー味エナジードリンク

モンスターのコーヒー味エナジードリンク

コーヒー豆も買えます。実は美味しいとウワサのダンキンドーナツのコーヒ豆も

コーヒー豆も買えます。実は美味しいとウワサのダンキンドーナツのコーヒ豆も

9位 ピーナッツバター、ヌテラ

みんな大好きピーナッツバター。スムースオペレーターはウエストビレッジに店舗がありアメリカでは人気のお店。すべて天然の素材を使用していて、しかも無糖。チョコレートやハチミツなどと一緒にパンに付けてもよし。ナビの友人は野菜スティックのセロリのディップとしてピーナッツバターをつけていて、さすがアメリカ人!と感心しました。
最初からチョコレートなどがミックスされて甘いものもあります。
コンビニではなんと1食用小分けサイズを発見!ナビも次、日本に帰国するときのバラマキみやげはこれに決定です。
ヌテラは日本ではあまりなじみがないかもしれませんが、チョコレート風味の甘いスプレッド。イタリア発祥ですがアメリカでもとても人気があり、どのスーパー・コンビニでもみかけます。ニューヨークにも最近ヌテラカフェがオープンし、毎日賑わっています。ヌテラ・アンド・ゴーはスティック状のビスケットがセットになっていてちょっと持ち歩くのにちょうど良いサイズ。おみやげにバッチリです。
ヌテラの他にハーシーズもありますね

ヌテラの他にハーシーズもありますね

ビスケット付き

ビスケット付き

10位 キャラもの、NYのロゴが入っているもの

日本でもお菓子のパッケージにアニメのキャラクターが書かれていたりするように、ニューヨークでもディズニーなどのキャラクターが書かれたお菓子や小物がたくさん売られています。
また年中観光客であふれるニューヨーク。街中が観光地でもあるマンハッタン内のほとんどのコンビニでは何かしらのニューヨークロゴが入っているグッズが売っています。多いのはニューヨークヤンキースの物。おなじみのI LOVE NYもありますし、季節ごとのものもあったりします。

お土産物としてピックアップされているコーナーがあるというよりは、ちょっとしたグッズの中に紛れていたりするので注意深く探してみてください。

いかがでしたか?
戦後以降アメリカ文化がどんどん広まった日本では、思っている以上に食べ物やちょっとしたものがアメリカ製品だったりします。なのでいざお土産をさがしたときに、どれもこれも日本で売ってるものになっちゃうな~ってことになるんですよね。
しかし実際ニューヨークに住んでいる人が使っているコンビニに行くと、必然と現地の人が使う物が売られているので「なんか見たこと・聞いた事あるけどこんな感じだっけ?」とかあまりにも定番過ぎてあえて輸入されていないものなどに出会える機会が実は多いんじゃないかな、とナビは思います。
定番お土産もいいですが、現地の生活に密着したものをおみやげにするのもたまには良いのではないでしょうか?

以上、ニューヨークナビでした。


上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

記事登録日:2014-07-09

ページTOPへ▲

関連記事

ニューヨークのコンビニで買える現地グルメ

ニューヨークのコンビニで買える現地グルメ

旅行中も気軽に利用できるのがコンビニ!時間が無くてホテルの部屋で食事をしたい時や、小腹がすいた時などに手軽に食べられるコンビニフードをご紹介します。

その他の記事を見る