スポット検索 検索

マイナビ マイナビ

世界のナビ 世界のナビ

トップ 
  • エリア
  • グルメ
  • ショッピング
  • ビューティー
  • ホテル
  • エンタメ
  • 観光情報
  • わいわい広場

ニューヨークの玄関口「JFK空港ターミナル4」体験レポート

気になるショップや飲食店の充実度もご案内しま~す♪

こんにちは、ニューヨークナビです。
ニューヨークの空の玄関と言えばJFK空港です。旅行好きの皆さんにとっては、空港内の施設が気になるところですよね。とくに最後のお土産ショッピングやニューヨーク最後の食事と飛行機に乗り込むギリギリまでニューヨークを堪能したい人には大切なポイントです。今回、JFK空港ターミナル4を利用してみました。それでは、ナビJFK空港体験をレポートします。
※出発を中心にお届けします。

エアトレイン乗り場と直結

ナビは空港までエアトレインを利用しました。ターミナル4はエアトレイン乗り場が同じビル内にあります。エアトレインを降りて、エスカレーターを上がったら出発ロビー、下りたら到着ロビーになっています。他のターミナルはエアトレイン乗り場とターミナルビルが別の建物なんです。スーツケースをゴロゴロさせて陸橋や道を渡るわずらわしさはありません。

明るいターミナル

ターミナル4は2001年に完成。2013年のデルタ航空の入居によりショップや飲食店がさらに充実しました。現在は約30の航空会社が入り、他にはシンガポール航空、エミレーツ航空などインターナショナルな顔ぶれ。出発ロビーにはさまざまな言語が飛び交い、これから飛行機に乗るワクワク感が盛り上がります!日本発着便ではデルタ航空の成田空港直行便に搭乗する方はこのターミナル4の利用になります。
1階 到着ロビー
3階 搭乗ゲート・ショッピング・飲食店エリア(すべてセキュリティチェック後)
4階 出発ロビー


出発ロビーにはショップはない!

チェックインカウンター
9つあるチェッククインカウンターから自分の利用する航空会社をみつけて搭乗手続きをします。ナビは空港には3時間前に到着するつもりでしたが、地下鉄の乱れにより結局2時間30分前に到着でした。

荷物も預けたし搭乗券も手に入れて一安心。早速、お買い物に繰り出したいのですが、ショップが見当たりません???実は、この出発ロビーにはショップも飲食店もありません。全て、セキュリティーゲート通過後です。なお、セキュリティーゲートを通れるのは当日の搭乗券を持っている人だけです。お見送りの人と最後にお茶をするなら到着ロビーの売店を利用しましょう。

セキュリティーゲート
お店もないし、早めにセキュリティーチェックを終らせるにこしたことはありません。
パスポートと搭乗券をみせて、機内持ち込み荷物の検査を受けます。靴を脱いだり、コンピューターを鞄からだしたり、コートを脱いだり大騒ぎです。液体は規定内の量でジッパー付ビニール袋に入れておきます。また、飲み物の持ち込みはできませんのでペットボトルの水は飲みほすか捨てることになります。セキュリティは両手をあげて体をスキャンする方法です。お見送りの人とはここでお別れです。そして、アメリカは出国手続きがありませんので、セキュリティーゲート通過後は搭乗時間まで自由時間です。

気になるショッピングエリア・飲食店チェック

セキュリティーゲートより先はいわゆる免税エリアです。1つ階をおりて3階へ移動します。この3階が搭乗ゲート、ショッピングエリア、飲食店でたくさんお店があります。
ショッピングエリア
ターミナル全体でショップは46店舗。セキュリティーゲート直後に小さめのモールのようなメインのショッピングエリアがあります。ショップは定番の免税店に加え、コーチ、キールズ、マイケル・コース、メトロポリタン美術館のギフトショップとニューヨーク出身店が目立ちます。ヴィクトリア・シークレットやスワロフスキー、ジョー・マローンもあり全体的に女性向け。空港内にしては幅広い種類のショップがあるな~と感じました。ただ、高級ブランド店はなく、免税店もおとなしめでどぉ~んと買い物したい人には物足りないかもしれませんね。気になるお土産はチョコレート系が充実しています。市内のお店よりもパッケージがお土産向けです。お土産の追加をするには十分な品揃えです。でも、ターミナル内専用の小さなカートはないので大量購入すると荷物の持ち運びが大変そうです。ゲートまでの道のりにもギフトショップ、免税店、売店があります。
飲食店
飲食店は全部で26店舗。立ち寄りたいスポットはやはりシェイク・シャック。B22ゲートとB36ゲートの近くの2ケ所にあります。食べそびれちゃった人、あの味をもう一度と思っている人はぜひ。ナビもハンバーガーを食してから出発です。
他にもニューヨークの味としてアクアビット出身シェフのマーカス・サミュエルソン率いるアップタウン・ブラッセリ―、ステーキ店パーム、シェイク・シャックと同グループのバーベキュー専門店のブルースモークと捨てがたいラインナップ。空港内の食事はまずくて高くて選択肢がないはもはや過去の話ですね。
その他のサービス

〈トラベレックス〉
両替サービス。ドルから外貨への両替可能。でも、レートはあまり良くありません。

〈エクスプレススパ〉
マッサージやネイルサービス。

ゲートまでの道のり

セキュリティゲートを背にしてショッピングエリアを抜けた左方向にAゲート、右方向にBゲートがあります。当たり前ですが、デルタ航空便が多いです。Bゲートは細長く端から端までは意外と距離があります。ターミナル内は動く歩道はありますが、モノレールのようなものはありません。時間に余裕を持って行動したほうがいいですね。

もうすぐ搭乗

お土産も買って、食事も済ませたら、出発ゲート近くでのんびり。スマホを見たり、PCを広げている人も多いです。ナビもスマホを充電しながらボーっとします。充電するコンセントは自由に使えますが、充電中はもちろん目が離せません。なお、Wifiは30分間無料で接続できます。

いかがでしたか?
JFK空港はターミナルが細かく分かれ、それぞれのターミナルはこじんまりしています。国際空港なのに見劣りするとはよく聞く感想です。そんななかでもターミナル4は比較的施設は充実し、ニューヨーク出身の人気店が入居しているのが大きな特徴です。市内で行けなかった、食べられなかったを帰り際にできるのはうれしいですね。
以上ニューヨークナビでした。

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

記事登録日:2015-02-04

ページTOPへ▲

関連記事

ジョン・エフ・ケネディ国際空港

ジョン・エフ・ケネディ国際空港

JFKの愛称で親しまれるニューヨークの空の玄関。国際線を中心に70の航空会社が乗り入れ、全米で利用客の多い空港の一つ。

その他の記事を見る