スポット検索 検索

マイナビ マイナビ

世界のナビ 世界のナビ

トップ 
  • エリア
  • グルメ
  • ショッピング
  • ビューティー
  • ホテル
  • エンタメ
  • 観光情報
  • わいわい広場

ニューヨークでネット接続!電源&WiFiが使えるカフェ&スポット特集

ニューヨークでもコーヒーを飲みながら無料wifiを楽しむための必見ガイド!

こんにちは、ニューヨークナビです。
今やすっかり必需品になったスマホやタブレット。ニューヨーク旅行中でも、いえ旅行中だからこそ利用したいですよね。レストラン検索、アクセス方法などの調べ物に日本のニュースもチェックしたいしと大活躍間違いなし。さて、そこで気になるのがニューヨーク滞在中の通信方法です。ニューヨークでもホテル、カフェ、ショップと様々なスポットで無料wifiサービスがありますので常時接続にこだわらなければ無料Wifiスポットの利用で十分ですよ。なかでもやはり人気はカフェのようにゆっくり座って接続できる場所ですね。ニューヨーカーもカフェでPCを広げている人を多く見かけます。
今回は、カフェ中心に休憩がてら利用しやすい無料Wifiサービス、コンセント完備のスポットをご紹介します。

※接続方法、SSIDは取材時のものです。


あわせてこちらの記事も読んでくださいね↓

ニューヨークのカフェWifi事情

無料Wifiサービスがあるカフェはかなり多く存在します。
Wifiサービスがあるかどうかの見分け方ですが、これは少し難しいです。スタバのようなチェーン店は入口に小さいながらもFree Wifiのマークがありわかりやすいです。それ以外のカフェはたいていの場合、外から見える場所にはマークがありません。その代り、レジ周辺にSSIDとパスワードを貼ってあることが多いです。ただしこれも小さめです。
またWifiサービスはあるのに全くサインのないカフェもあります。こんな時はコンピューターを広げているお客さんがいるかどうかも一つの目安です。いればたいていの場合、無料Wifiがあります。判断がつかない場合はオーダーする前に尋ねてみましょう。
なお、コーヒーにこだわるカフェはコーヒーとおしゃべりを楽しんでもらいたいからとの理由からWifiはなく、しかもコンピューター使用禁止のカフェもあります。

Wifiサービスにくらべてお客様用コンセントを完備しているカフェは少ないです。コンセントがあっても壁側に数個と、すべての席にあるわけではないので競争率が高いです。なお、充電している間は紛失、盗難をさけるために目を離さないようにしましょう。

カフェ利用の場合はマナーとして飲み物、食べ物をオーダーしましょう。

覚えておこう!関連英語


Wifiはありますか?=Do you have Wifi? 

パスワードは何ですか? =What is the password for wifi?

Upper CaseまたはCapital=大文字(会話ではUpper Caseのほうが使用頻度が高いです)
Lower Case=小文字
例えば、パスワードが小文字でcoffeeのときは「lower case, coffee」のような感じで教えてくれます。

FreeまたはComplementary =無料(後者のほうがあらたまった言い回しです)

Terms and Condition または Terms of Use = 利用規約

Outlet =電源、コンセント

Wifi接続方法

スポットによってパスワードがかかっていたり、メールアドレスの入力が必要だったりと接続方法は様々です。主な接続方法手順をご紹介します。

パスワード・メールアドレス入力不要パターン
例:スターバックス
1.WifiをオンにしてSSIDはGoogle Starbucksを選択。選択するとすぐに接続されます。
2.Webブラウザーを立ち上げるとスターバックスの画面が表示されます。表示されない場合、何かページを開こうとするとスターバックスの画面になります。緑色のAccept & Connect(利用規約に同意します)部分をタップします。
3.スターバックスの画面が表示されたら接続完了です。

SSIDはGoogle Starbucksを選択する

SSIDはGoogle Starbucksを選択する

Accept&Connect(緑色の部分)をタップ

Accept&Connect(緑色の部分)をタップ

スタバの画面になったら接続完了

スタバの画面になったら接続完了


名前・メールアドレスを入力パターン
例:デービッド・ルーベンスタイン・エイトリアム・アト・リンカーンセンター
1.WifiをオンにしてLincoln Centerを選択。
2.ブラウザーを立ち上げて、名前、メールアドレスを入力。I accept the terms of useの前の□に同意する意味のㇾ印をして、レジスターをタップ。
3.ログインをタップして接続完了。
Lincoln Centerを選択

Lincoln Centerを選択

名前、メールアドレスを登録し、利用規約に同意

名前、メールアドレスを登録し、利用規約に同意

ログインをタップし、接続完了

ログインをタップし、接続完了


パスワード入力パターン
例:カフェべネ
1.WifiをオンにしてSSIDはCaffeBeneを選択。
2.パスワードを入力してコネクトをタップ。
3.接続されました。
SSIDを選択

SSIDを選択

パスワードを入力

パスワードを入力

接続されました。

接続されました。


●以上の他にSSIDを選択するのみで接続完了の場所もあります。

無料Wifi&コンセント完備スポット

ザ・ロビーバー
エースホテル内ロビーにあるバー。中に入るとすぐにたくさんの人がラップトップに向かっているのが目に入ってきます。大きなテーブルだけでなく、ソファー席もあり席数は多いです。コンピューターに向かうフリーランス風の人、おしゃべりしている人と色々な人がいて気楽に利用できます。コーヒーは同ホテル内のスタンプトンコーヒーで、お酒はバーで購入可能です。

<接続方法>
SSID:Ace Hotel Lobby
名前、メールアドレスの入力必要。

デービッド・ルーベンスタイン・エイトリアム・アト・リンカーンセンター
こちらはカフェではなく公共スペースです。でも無料Wifiにコンセントもあるんですよ。カフェのように何かオーダーしないと居づらいなんてことはありません。コンピューターを持ち込んで打ち合わせをしている人達もたくさんいます。お腹が空いたら併設のサンドイッチショップ・ウィッチクラフトで食べ物を購入できます。

<接続方法>
SSID: Lincoln Center
名前、メールアドレスの入力またはフェイスブックアカウント、ツイッターアカウント必要。
ジョー・アンド・ザ・ジュース
デンマーク発のコーヒーとフレッシュジュースチェーンのニューヨーク第一号店。天井も高いし広々とした店内はカッコイイです。席数は多いし、隣との間隔も十分あるので落ち着きます。

<接続方法>
SSID:Joe and the Juice
パスワードを入力。
カフェ・べネ・タイムズスクエア店
タイムズスクエアエリアで気軽に入れる貴重なカフェ。席も多いです。ただし、コーヒーや食べ物、サービスはあまり期待できないのでWifi、コンセントのためと割り切っての利用をおすすめします。Wifi接続用のパスワードはレシートに記入されています。またトイレ用のコードもレシートに印刷されていますのでレシートを必ずもらいましょう。店内滞在時間に30分までの制限あり。

<接続方法>
SSID:CaffeBene
パスワードを入力。

ジャックス・スター・ブリュー・ペロトン店
厳密にいうとこちらはバイクエクササイズスタジオ、ペロトン内併設のカフェ。外からはカフェがあることは全く気が付きません。カフェはエクササイズ会員にならなくても利用できます。クラスの前後はエクササイズ会員で騒がしくなりますが、かえっていつものニューヨーカーの一コマが見れて楽しいかもしれません。

<接続方法>
SSID:Peloton-Guest
パスワード、メールアドレスなどの入力は不要です。
ニューヨーク市立図書館
カフェではありませんが、無料Wifiもコンセントもあるので紹介します。市内に87個所あります。図書館の会員以外でもWifiも電源も利用できます。42丁目と五番街の角にあるニューヨーク市立図書館の1階には小さいですがエイミーズブレッドのカフェがあります。

<接続方法>
SSID: NYPL
パスワード、メールアドレスなどの入力は不要です。

その他、無料Wifi、コンセント完備のスポットはこちら。
オーエスティーカフェは無料Wifiは月曜日から金曜日までのみ、1時間の制限あり。パスワードはレシートに書いてあります。
.

無料Wifiのみ

※チェーン店でも支店によってはWifiサービスがない場合もあります。

スタ―バックス
今やアメリカはもちろん日本でも国民的カフェの存在のスタバ。ニューヨークでも各ブロックにあると言われるほど支店数が多いです(実際はそこまではありません。)そして、Wifiサービス完備のカフェ代表格です。店舗数が多いうえに接続方法も簡単で使い勝手がよいです。Wifiが必要なときはスタバを探すのが一番手っ取り早いです。なお、コンセントはほとんどのマンハッタン内の支店にはありません。また、トイレがない店舗もあるのでご注意を。

<接続方法>
SSID:Google Starbucks
パスワード、メールアドレスなどの入力は不要です。

ホールフーズ
オーガニックスーパーの代表格ホールフーズ。イートインスペースも完備しているのでお買い物だけでなく食事も楽しめるスポットとして人気です。こちらも無料Wifiがあります。注意点としてトイレ利用にレシートに書いてあるパスコードが必要になる店舗があります。

<接続方法>
SSID:WholefoodsMarket
パスワード、メールアドレスなどの入力は不要です。
Wifi利用は2時間まで。
ママン・トライベッカ店
Wifi目的でなくても行ってみたいカフェです。真似したくなるようなさりげなくお洒落なインテリアが評判のスポットです。フレンチポップスの流れる店内にソファーもあるのでついつい長居していまいます。食べ物もサンドイッチやスイーツと充実しています。

<接続方法>
SSID:dlink1
パスワード、メールアドレスなどの入力は不要です。
シティ・ベーカリー
マカロニチーズやホットチョコレート目当てで訪れる人も多いでしょう。こちらもWifi完備。席数は多いしくつろげます。

<接続方法>
SSID:The City Bakery
パスワード、メールアドレスなどの入力は不要です。
その他のWifiサービスがあるスポットはこちら。

.
いかがでしたか?
ニューヨークのカフェは素敵なだけでなくWifiも完備なスポットが多いです。休憩がてら、次の行先の確認をしたり、ネットをチェックしたりとぜひ活用してくださいね。
以上、ニューヨークナビでした。


上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

記事登録日:2016-02-10

ページTOPへ▲

その他の記事を見る