スポット検索 検索

マイナビ マイナビ

世界のナビ 世界のナビ

トップ 
  • エリア
  • グルメ
  • ショッピング
  • ビューティー
  • ホテル
  • エンタメ
  • 観光情報
  • わいわい広場

旅行中に大活躍間違いなし、人気スーパーWHOLE FOODS活用法♪

お食事も楽しめてお洒落で居心地の良い店内。もはやスーパーの域を超えた楽しめるオーガニックスーパー。

こんにちは、ニューヨークナビです。
絶大な人気をニューヨークで誇るホールフーズ。テキサスのオースティンに本社がある全米で約400店舗を誇るスーパーマーケットチェーンです。全ての物がオーガニックではありませんが、全米でオーガニックスーパーとして認定された初めてのスーパーです。また、保存料、人口甘味料、着色料などを使ったものは売られていません。なんだか真面目なスーパーのように聞こえるかもしれませんが、体に良いをテーマにしつつグルメもお洒落も追及している凄いスーパーなんです。お店はハイセンスでイートインスペースも無料Wifiもあって使い勝手が良いです。ニューヨークでは2017年1月に市内11店舗目(2017年2月時点)もオープンし、ますます立ち寄りやすくなりました。
それではホールフーズの魅力にせまります。

レジの並び方を知っておこう!

自分の列の色は?
ホールフーズのレジの並び方は独特なので初めて行くと戸惑ってしまうはずです。各レジに並ぶ方式でもなくフォーク式でもないんですよ。まず数列ある色分けされた列の一番短い列に並びます。列の前のスクリーンに列と同じ色で色分けされた画面が表示されています。例えば一番右の列は青、真ん中は黄色、左は緑と言うように。自分が一番右の列に並んでいたら、青の列に並んでいることになります。列の先頭になったら青に表示されたレジ番号に進む仕組みになっています。全ての列に均等に順番が来るのでこの列の進みは悪いということはありません。
※郊外店は各レジ方式のことがあります。

エクレプレスレーン
少ない量の買い物専用レジです。ユニオンスクエア店やコロンバスサークル店のような大混雑店は夕方には品数1点から3点の超エクスプレスレーンがあります。
自分の並んでいる列の色と

自分の並んでいる列の色と

同じ色に表示された番号のレジへ行く。

同じ色に表示された番号のレジへ行く。

活用法1:お洒落な店内を歩く

まず売り場からすでに他のスーパーにない開放感が漂います。野菜売り場、シーフード売り場など新鮮さが伝わるディスプレイの美しさには定評があります。お肉売り場ではお肉を切っている様子をみることができます。対面式をとっているコーナーが多いためファーマーズマーケットを散策しているような感覚になります。さらに歩いていてお腹が空いてもすぐに食べられるように店内は電子レンジがあるイートインスペース完備です。そして無料Wifiにトイレもあります。※チェルシー店はイートインスペースはなし。

活用法2:もちろんお買い物

365シリーズはプライベートレーベル

365シリーズはプライベートレーベル

一般のスーパーとは全く異なり大手食品メーカーのものはほとんどありません。また常に新商品が登場します。ここに来れば食の流行が分かると思うくらい最先端をいっています。特に地元の食材、地元メーカーを大切にしています。地元の物にはローカルとラベルが貼ってありわかりやすいです。ニューヨーク土産で活躍しそうな地元製品ではチョコレート、コーヒー、スキンケア、ソース系があります。また、ドラッグストアーよりも安いのでお水やジュースなどちょっと喉が渇いた時にコンビニ代わりに利用するのもありです。
地元産に力をいれている

地元産に力をいれている

ナッツやシリアルの量り売りコーナー

ナッツやシリアルの量り売りコーナー

豊富な地ビール

豊富な地ビール

自然派スキンケア商品

自然派スキンケア商品

化粧品

化粧品

グリーティングカード

グリーティングカード

雑貨

雑貨

下着、Tシャツなど

下着、Tシャツなど

歯ブラシ

歯ブラシ

コーヒー豆

コーヒー豆

活用法3:食事しよう

ホールフーズへは食べることを目的に訪れる人も多いんですよ。惣菜は自分では作らないような高級デリ風、サラダ、お寿司、インド料理、ピザ、バーベキューなどなど。さらにオーダーメードコーナーもあるし、ちょい飲み居酒屋併設の店舗もあるし絶対に迷います。よ~く見てから決めて下さいね。またコーヒーカウンターもあるのでコーヒーとスイーツの休憩にだって利用できます。朝食から夕食にしっかり食べたい派から小腹を満たしたい派まで対応しています。
すでにパック済の惣菜

すでにパック済の惣菜

1つから購入可能なパンやデーニッシュ、ドーナツ

1つから購入可能なパンやデーニッシュ、ドーナツ

1つから購入可能なスイーツ

1つから購入可能なスイーツ

量り売り惣菜

量り売り惣菜

ピザ

ピザ

サンドイッチ

サンドイッチ

ブライアントパーク店は生牡蠣も楽しめる

ブライアントパーク店は生牡蠣も楽しめる

カウンター式のイタリアンレストラン

カウンター式のイタリアンレストラン

ナビおすすめホールフーズ

チェーン店でもデリの内容、特徴は店舗によって異なります。全支店訪れても飽きない工夫がされているんですよね。ナビおすすめの店舗をご紹介します。
ブライアントパーク店
マンハッタンの中心にあり、朝早くから夜遅くまで営業していてとっても便利です。食事目当てならこちらの店舗がおすすめです。1階と2階の2フロアーがあり、2階にはフードホールと呼ばれるイートインスペース兼デリ兼レストランがあります。デリで好きな物を選んでもいいし、レストランで生牡蠣と本格的な食事もできて選択肢が豊富です。窓側の席に座ってブライアントパークと6番街のニューヨークの風景を見ながら食事も良い物です。野菜コーナーには野菜や果物をカットしてくれるサービスもあります。ただし食料品やスキンケア売り場は他の店舗に比べると種類が少な目です。
サード&サード・ブルックリン店
店に入った途端にわぁ~広いと思わず言いたくなる圧倒的な広さがあります。商品の品揃えも充実しています。ルーフトップは野菜栽培をしているハウスとイートインスペース、地ビールバーです。ルーフトップからはマンハッタンの摩天楼も観ることができます。ホールフーズの得意とする買う食べる観るを楽しみたいならここへ。広くて歩き回るはずです。十分時間をとってお出かけください。
ユニオンスクエア店

こちらも繁華街にあって便利な店舗です。店舗はあまり広くありませんがイートインスペースを小さめにして、売り場を充実させています。ホールボディや雑貨系が豊富です。夕方の異常なレジの込み具合を嫌がる人も多いのですが、ナビはかえって大都会マンハッタンのスーパーを実感するのでおすすめです。
いかがでしたか?
ナチュラル志向の食料品店は以前からありましたが、ちょっとマニアックなお店が多いんですよね。その点、ホールフーズは誰もが行きやすいし楽しめるお店です。ニューヨーク滞在中はお買い物にお食事にきっと行きつけのお店になると思いますよ。
以上ニューヨークナビでした。


上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

記事登録日:2017-02-12

ページTOPへ▲

その他の記事を見る