はずせない一大観光スポットに変身したトランプタワーご紹介!

気が付けば写真を撮る人でいつも一杯のスポットになっていました。警備は厳重でも誰でも入れます。

こんにちは、ニューヨークナビです。
ニューヨーク出身のトランプ大統領はアメリカだけでなく世界中から注目の的ですね。大統領就任前も不動産業、テレビなどでそれなりに注目されていましたが就任後の注目度は桁違いです。ニューヨークのホワイトハウスと呼ばれるトランプ大統領の住まいのトランプタワーもすっかり一大観光名所になりました。日本でもメディアにかなり取り上げられているのではないでしょうか?
今回はトランプタワーとトランプ大統領にちなんだスポットをご紹介しましょう。

5番街にそびえ立つトランプタワー

トランプ大統領と言えばトランプタワーと言うくらい象徴的な建物です。ニューヨークを代表する大通り5番街に位置し、存在感があります。ちなみにグッチはトランプタワー1階にあり、テナントです。トランプタワーは高級オフィスと高級マンションからなる58階建てのビルです。トランプ大統領のニューヨークでの住居でもあり、トランプオーガニゼーションの本社も入っています。2004年のテレビ番組『The Apprentice』もここで撮影され全米での知名度が一気に上がりました。大統領就任後は周辺の警備はかなり厳しくなり56丁目側にあるテナント用の入口は一般訪問者は近づけません。
警備は厳重
周辺は柵が張り巡らされて警官が沢山います。小規模な抗議デモは道を挟んだアバクロ前で行われることが多いです。なお、大規模デモで5番街が閉鎖されると、隣にあるティファニーも影響を受け5番街側入口を閉鎖します。その時は57丁目入口を利用しましょう。厳重警備ですがトランプタワーの中には入口で荷物検査を受ければ誰でも入ることができます。
小規模抗議デモ

小規模抗議デモ

入口の荷物検査

入口の荷物検査

2017年1月21日の大規模抗議デモ

2017年1月21日の大規模抗議デモ

完全閉鎖された5番街

完全閉鎖された5番街

入口は5番街沿い
一般用のトランプタワー入口は5番街にあります。入口で写真撮影をする人が絶えません。入口にも警官が数人いますが普通に入っていってかまいません。一般公開されているのは地下1階から2階までの飲食店、ショップが入っている部分です。ロビーはギラギラなインテリアで吹き抜けになっています。1階は奥にトランプバーがあるだけでガラ~ンとして少し寂しい感じです。1階をそのまま奥に進むと隣のIBMビルのパブリックスペースへ通り抜け出来ます。
トランプタワー内にはトランプグリル、トランプバー、トランプカフェ、トランプアイスクリームパーラー、スタバが飲食店として入っています。

1階のロビーにあるお嬢さんが始めたイバンカ・トランプジュエリーショップは現在は閉まっている様子です。
地下1階
この階にはトランプカフェ、トランプアイスクリームパーラー、トランプグリル、トランプストアー、ギフトショップ等があります。清潔で誰でも利用できる椅子とテーブルにトイレもあり休憩に使える便利なフロアーです。パブリックスペース脇の壁はトランプタワーご自慢の滝でバブルな雰囲気ムンムンです。なお、残念ながら飲食店の評判はあまり良くないので他で食べるほうが無難です。お店の営業時間は短く夕方には閉まってしまいます。
はずせない一大観光スポットに変身したトランプタワーご紹介! トランプ大統領トランプタワー はずせない一大観光スポットに変身したトランプタワーご紹介! トランプ大統領トランプタワー
トランプカフェ

トランプカフェ

トランプグリル

トランプグリル

トランプストアー旗艦店

トランプストアー旗艦店

トランプ大統領オフィシャルキャンペーンショップ

トランプ大統領オフィシャルキャンペーンショップ


トランプストアー旗艦店

地下1階にエスカレーターで降りて前方に進むとあるトランプストアーの旗艦店。お店の広さはそこそこあり、トランプまたはトランプタワーニューヨークと名前が入ったトレーナー、チョコレート、ネクタイ、キーホルダー、ぬいぐるみなどが幅広く揃っています。ベビー服まであります。チョコレートがお土産に人気だそうです。衣類はゴルフ関係が多く男性向けが中心です。

トランプ大統領オフィシャルキャンペーンショップ

こちらはエスカレーターで地下1階におりて左方向に進んだ壁に設営されたお店です。かなり小さなお店です。こちらで販売されているグッズは献金扱いとなり、外国人は購入できません(米国籍、永住権保持者で米国に住所がある場合は購入可能。購入時に住所氏名を伝える必要あり)。Make America Great Againと書かれた帽子やティーシャツはお土産受けしそうですが残念ながら買うことは出来ません。
ギフトショップ
トランプ大統領オフィシャルキャンペーンショップのすぐお隣にもギフトショップがあります。このお店は雑貨、お土産等を扱っています。数人入ったらいっぱいになるような小さなお店です。ベタなニューヨーク土産とトランプグッズがぎっしりと並んでいます。トランプストアーより価格は安いです。
2階
エスカレーターを上るとスタバがあります。スタバはいたって普通のスタバですが、席が多いのでここも休憩スポットとしておすすめです。
5階
エスカレーターで5階まで上がることができます。5階にはルーフトップ公園があります。椅子やテーブルが並んでいるだけで特にカフェ等はありません。でも人がほとんどいないので穴場です。

この場所もチェック

トランプインターナショナルホテル
トランプと名の付くビルやホテルはニューヨークには複数あります。なかでもトランプインターナショナルホテルはフォーブス社による格付けで5つ星、テナントとして入っているジャン・ジョルジュも同格付けで5つ星ミシュラン3つ星を獲得した豪華なホテルです。ジャン・ジョルジュはトランプ大統領とミット・ロムニー氏の会食でも利用されました。
ストーリー
トランプ大統領のお嬢さんでモデルや自身のブランドを経営するイヴァンカ・トランプ氏もセレブとして大統領選前から注目を浴びていました。そんな彼女が2015年のヴォーグ誌でのインタビューでお気に入りのショップとして話したのがこのストーリーです。
21クラブ
トランプ大統領お気に入りのレストランとしてメディアでよく取り上げられるのがこの高級レストラン、21クラブです。場所は5番街と6番街の間の52丁目でトランプタワーからも徒歩約5分。トランプ大統領は21バーガー(36ドル)、メラニア夫人はCreamy Chicken Hash(39ドル)がお気に入り。高級レストランですのでジーンズ、スニーカーは不可です(男性はメインダイニングルームのバールーム利用時はジャケット着用のこと)。
※料金は2017年5月時点のもの。
いかがでしたか?
トランプタワーは5番街でもひときわ目立ちます。訪問しても写真を撮ったり、トイレ休憩に使うくらいですが、話題のビルですから訪問者は絶えません。
以上、ニューヨークナビでした。


上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

記事登録日:2017-05-28

ページTOPへ▲

その他の記事を見る