スポット検索 検索

マイナビ マイナビ

世界のナビ 世界のナビ

トップ 
  • エリア
  • グルメ
  • ショッピング
  • ビューティー
  • ホテル
  • エンタメ
  • 観光情報
  • わいわい広場

7&8月のニューヨーク【2017年】

暑さのピークは7月。8月中旬以降は秋の気配が漂います。

こんにちは、ニューヨークナビです。
ニューヨークにも夏が到来しました。ニューヨークの企業には夏の間、毎週金曜日は午前中や午後3時で仕事が終わる所があるんです。まさにプレミアムフライデーですよね~。7月8月は観光シーズンのピークでもあり、街全体が遊びモードになっています。そんなニューヨークの夏をさらに盛り上げてくれるのが公園で開催される無料イベントの数々です。なかでもブライアントパークの無料イベントは数も多く、交通アクセスも良いのでおすすめです。
それでは7月8月のニューヨークをご紹介しましょう。

カレンダー編

7月4日 独立記念日

国をあげての祝日です。郵便局、銀行はお休みです。観光スポットはオープンしています。ショップやレストランは個人経営のお店、ミッドタウンのオフィス街にあるお店はお休みになります。訪問前にウエブサイトやSNSで確認をしましょう。独立記念日前後はアメリカ各地で花火大会が行われます。

お盆休みやバカンスは?
7月8月は学校は夏休みですが、お盆休みも街をあげてのバカンスもありません。ほとんどのショップ、レストランは7月8月ともに通常営業です。ただし夏に需要が落ちるチョコレートショップをはじめとした個人商店は夏休みで2週間ほど休む場合もあります。

天気・気候編

暑さのピークは7月いっぱいです。ニューヨークの暑い時期はあまり長くなく8月中旬には涼風を感じるようになります。暑い日はこまめな水分補給を心がけましょう。また地下鉄構内も暑くなりモアッとして不快感が増します。服装は半そでに短パン、ノースリーブにミニスカートといった露出度の高い人も多いです。ただ、室内は冷房がガンガンに利いているところが多いので、サマーカーディーガン、羽織る物を持参しましょう。また晴れると日差しが強いので、帽子、日焼け止めクリームといった紫外線対策も必要です。7月はサンダーストームが多い時期です。サンダーストームは早朝や夕方に多く、雷をともなった豪雨がふりますが1時間ほどでおさまります。カフェやショップで雨宿りして待ちましょう。8月後半からはハリケーンシーズンです。ハリケーンが上陸すると地下鉄、バスの交通機関がマヒすることもありますのでご注意を。また、フライトがキャンセルになることもありますので航空会社の連絡先は控えておきましょう。

7月
平均最高気温 29℃(85°F) 平均最低気温 21℃(70°F)
8月
平均最高気温 28℃(83°F) 平均最低気温 21℃(69°F)


7月・8月のトピックス

ニューヨーク近代美術館
7月1日より営業時間が変わり、木曜日、金曜日、土曜日は午後9時まで営業します。

ホイットニー美術館 
7月4日から8月29日までは休館日なしで営業します。

ペンシルバニア駅利用の方はご注意を!
この春からペンシルバニア駅でプラットフォーム及び線路修理が行われています。そのため、利用できるプラットフォーム数が限られており、アムトラック、ニュージャージートランジット、ロングアイランドレイルロードともに減便しています。通常よりも駅構内が混雑しています。この混乱は9月1日まで続く見込みです。時間に余裕を持って行動しましょう。

イベント編

Moma PS1 Warm Up
日時:7月1日から9月2日の間の毎週土曜日、午後3時から午後9時
場所:Moma PS1

MOMA PS1の中庭で開催される夏の恒例イベントです。今年で20回目を迎えます。様々なジャンルのライブミュージック、DJを毎週迎え、ニューヨーカーに人気のあるイベントです。野外ダンスパーティー気分でお出かけください。
チケットは18ドルです。チケットの購入、ミュージシャンの詳細は以下のウエブサイトより。
メイシーズ独立記念日花火大会
日時:7月4日午後9時25分頃から
場所:イーストリバー沿い(24丁目~41丁目付近及びピア17付近)

独立記念日恒例の花火大会です。今年もイーストリバーで開催されマンハッタン、クイーンズ、ブルックリンの川沿いから見えます。マンハッタンの東を走る高速道路FDR Driveのハウストンストリートから42丁目までが見学場所として開放されます。入口は42丁目、34丁目、23丁目、18丁目とアヴェニューC、ハウストンストリートに設置されます。また、ウィリアムズバーグのイーストリバーステートパーク、ガントリープラザステートパーク等からも見ることができます。なお、昨年と異なりサウスストリートシーポート付近の打ち上げはありませんのでブルックリンブリッジ、サウスストリートシーポート等からは見えません。ホテルで鑑賞するならテレビのチャンネルを午後8時からNBCにあわせましょう。花火大会は約25分間です。

ネイサンズ独立記念日ホットドッグ早食い大会
日時:7月4日正午スタート
場所:ネイサンズ・コニーアイランド店

こちらも独立記念日になくてはならないイベントです。10分間で食べたホットドッグの数で競います。昨年の覇者は70個完食しました。コニーアイランド観光とあわせてお出かけしてみてはどうでしょう。
ブロードウェイ・イン・ブライアントパーク
日時:7月6日から8月10日までの毎週木曜日、午後12時30分から午後1時30分
場所:ブライアントパーク

ブライアントパークにブロードウェイがやってくる!人気・話題ミュージカルのダイジェスト版が上演される無料野外イベントです。ランチ持参で芝生の上でピクニック気分で楽しみましょう。上演スケジュールは下記ウエブサイトを参考のこと。

マンハッタンヘンジ
日時:7月12日、7月13日(午後8時20分頃)

正確にいうとイベントではありませんが、毎年5月と7月に起こる自然現象。碁盤の目状になっている東西のストリートに沿って夕日が沈む現象です。天気が良ければ西に大きな夕日が沈んでいくのがくっきり見えます。見ることのできる場所は東西に走っている通りの14丁目、23丁目、34丁目、42丁目、57丁目です。これらの通りのニュージャージー州が見えるできるだけ東側より写真を撮るのがきれいな夕日が取れるポイント。上記の時間30分前には撮影ポイントに到着しておきましょう。道路での写真撮影はくれぐれもご注意を。

リンカーンセンターフェスティバル
日時:7月10日~7月30日
場所:リンカーンセンター

毎年、世界各国から厳選された劇団、ダンス、音楽団体が集まるフェスティバル。チケットの購入は公式ウエブサイトより。複数パフォーマンスのチケットを購入するとお得なパッケージもあります。

リンカーンセンター・アウト・オブドアーズ
期間:7月26日から8月13日まで
場所:リンカーンセンター 野外特設会場

リンカーンセンターの夏の恒例イベント。無料野外イベントです。100以上のダンス、ライブ音楽などのパフォーマンスが予定されています。平日のイベントは夕方から夜以降にかけて行われます。週末は日中からイベントがあります。

ロックフェラーセンターのファーマーズマーケット
日時:7月19日から8月23日の水曜日、木曜日、金曜日 午前8時から午後5時
場所:ロックフェラーセンター

夏限定のロックフェラーセンターのファーマーズマーケットです。オフィス街にあるのでランチタイムは周辺で働く人達で賑わいます。ロックフェラーセンター観光時に覗いてみてくださいね。
夏のレストランウィーク
期間:7月24日から8月18日まで(土曜日は対象外)
場所:マンハッタン内参加レストラン

夏と冬の恒例イベントです。今年で25年目です。市内の参加レストランで前菜、メイン、デザートの3コースがお得な料金(ランチ$29.00, ディナー$42.00いずれもドリンク・チップ・税金は含まれません)で楽しめます。参加店発表、毎回約300店舗が参加します。話題店、人気店はランチのみの場合がほとんどです。予約はお早目に。下記のサイトより予約できます(一部レストランを除く)。
サマーストリート
日時:8月5日、12日、19日の午前7時から午後1時まで
場所:パークアベニュー沿い(72丁目からブルックリンブリッジ入口まで)

パークアベニュー、4番街、ラファイエットストリートと南北約7マイル(≒11キロ)に渡り 車両通行止めにする大歩行者天国です。広いパークアベニューを車を気にせず歩くのは気持ちが良いですよ。グランドセントラル駅周辺の通常は歩行者禁止の高架道路、トンネル等も歩けるので面白い経験になります。全行程をとおしてヨガ、ストレッチクラス、無料の食べ物イベントも予定されてます。なお、サイクリストやローラースケート利用者もいますので接触事故にはご注意くださいね。
USオープンテニス
日時:8月28日から9月10日まで
場所:USTAナショナルテニスセンター、クイーンズ
(地下鉄7線、メッツ・ウィレットポイント駅下車)

テニスファンなら見逃せない大イベント。現在チケット販売中です。スケジュール、チケットの購入は下記ウエブサイトより。

いかがでしたか?
ニューヨークの夏は野外イベント満載で楽しいです。街歩き途中に思いがけなく出くわすと何だか得した気分になります。参加しなくてもほんの少しでも見学するのもニューヨーク旅行の良いアクセントになると思いますよ。
以上、ニューヨークナビでした。

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

記事登録日:2017-06-23

ページTOPへ▲

その他の記事を見る