スポット検索 検索

マイナビ マイナビ

世界のナビ 世界のナビ

トップ 
  • エリア
  • グルメ
  • ショッピング
  • ビューティー
  • ホテル
  • エンタメ
  • 観光情報
  • わいわい広場

夏のニューヨークで行きたい、ひんやりスイーツショップ♪

サッパリ系アイスキャンディーからこってりサンデーまで、ニューヨークでしか味わえないフローズンスイーツをご紹介します。

こんにちは、ニューヨークナビです。
夏に食べたくなる物と言えばアイスクリームに代表されるように冷た~い物ですよね!ニューヨークはアイスクリーム屋さんも多いし、ソフトクリームトラックも街中にいるのでナビも夏のおやつは冷たいスイーツ専門です。冷た~いスイーツにも流行があり、ジェラート店が増えたかと思えばフローズンヨーグルトが流行りと様々です。最近の流行りはSNS受けするカラフルで目を引くタイプです。ところで、ほとんどのアイスクリーム屋さんは味見できます。迷ったらどんどん味見させてもらいましょう!それではニューヨークのおすすめ冷た~いスイーツショップご紹介します。

インスタ映えもします!華やかなソフトクリーム

モモフクミルクバーのシリアルミルクソフトクリーム

スイーツ専門店ですが、お店の看板メニューと言っても過言ではないのがこのシリアルミルクソフトクリームです。ナビも個人的に大好きな一品。名前のとおりコーンフレーク風味のソフトクリームです。あまり想像がつかないと思いますが、ミルクの味がより引き立ち美味しいです。トッピングにコーンフレークもお忘れなく。あるのと無いのでは歯応えと風味がまるで違います。イーストビレッジ店から始まり現在(2017年6月時点)は9店舗もあるので行きやすいです。ちなみに一部店舗は支払がクレジットカードのみですのでご注意ください。
アメリカン・グローブ

アメリカン・グローブ

ビッグゲイアイスクリーム

フードトラックから始まったソフトクリーム専門店。ニューヨークのクリエイティブトッピングのパイオニア的存在でニューヨークのアイスクリーム特集では必ず取り上げられます。チョコや塩、キャラメルなど身近な物を組み合わせたオリジナルな味が楽しいです。シェイクやサンデーもあり種類豊富です。ラ・ニューヨルキナとのコラボ特製アイスキャンディーもあります。しかも全てリーズナブル価格。行くならスペシャリティーソフトクリームかサンデーを試してほしいです。代表メニューはソルティ―ピンプです。ナビはプレッチェルのトッピングにたっぷりのチョコがかかった食べ応えあるアメリカン・グローブが好きです。ウエストビレッジ店のほうがイートインがありおすすめです。
ドミニクアンセルキッチン

クロナツを始め様々なオリジナルスイーツを生み出したドミニク氏が率いるドミニクアンセルキッチンも夏季の水曜日から日曜日限定でソフトクリームを販売しています。クリエイティブなドミニク氏らしく他では味わえない2種類のフレーバーが味わえます。ブラタチーズフレーバーが定番、もう一つは月替わりです。
6月はニューヨークの水出しコーヒー流行りを意識したコーヒーフレーバーでした。ブラタフレーバーはバルサミコ酢をアクセントにしたキャラメルがトッピングでこだわりが見えます。

営業時間:(水―木)午後3時から午後9時、(金・土)午後12時から午後10時、(日)午後12時から午後9時
ソフトクリームトラック

夏のニューヨークの街角で頻繁に見かけるソフトクリームトラック。何と言ってもお手軽です。ナビも誘惑に負けてフラフラ~と吸い寄せられるように暑い日は立ち寄ってしまいます。フレーバーは定番のバニラとチョコですが、トッピングの種類が意外と豊富なんです。公園で食べたり、歩きながら食べてニューヨークの風景に溶け込みましょう!


他にソフトクリームが食べられるお店はこちら。

シンプルにアイスクリーム

モーゲンスターンズ・ファイネスト・アイスクリーム

こちらはアイスクリーム界のドミニクアンセルベーカリーのような存在です。レシピを考案するのはオーナーであるニコラス・モーゲンスターン氏自身。好奇心旺盛でアボカドアイスクリームトースト、真っ黒なココナツの灰のアイスクリームなどなど新しい味を常に発信しています。冬場はドリアン風味ホットチョコレートやスープストックで作ったホットチョコレートなども登場し、分野はアイスクリームに限りません。クオリティにこだわったアイスクリームは定番を少しひねった他では味わえないフレーバーばかりです。ナビのおすすめは牛乳の美味しさがわかるRaw Milk。
アイス・アンド・ヴァイス

斬新フレーバーにカラフルなコーンであっと言う間に人気が広まったアイスクリーム屋さんです。定番食材、普通はアイスクリームには使用しない食材、手の込んだ食材の3つが絡み合った驚きのフレーバーのオンパレードです。さらにネーミングもユニークでオーダー時に戸惑うかもしれません。名前の隣に説明書きがあるので良く読んでから注文してくださいね。迷ったらSNS受けしそうな色を選ぶのも手です。店舗はローアーイーストサイドですが、タイムズスクエアにスタンドがあります。


アイスクリーム屋さんはこちらもチェックしてみてくださいね。

パフェ感覚で食べたいサンデー

ラ・ニューヨルキナ

ニューヨーク人気ドーナツ店ドウのオーナー、ファニーさんが経営するメキシカンフローズンスイーツとメキシカンスイーツのお店です。パレタス(Paletas)と呼ばれるメキシコのアイスキャンディー、メキシコ風アイスクリーム、さらにサンデーと色々な種類が揃っていて気分によって選べます。フレーバーもメキシコの味を今風にアレンジした美味しくてユニークな物ばかり。ナビは色々な味が複雑に絡まったサンデーが好きです。

春から秋にかけてはハイラインにパレタス専門カートが登場します。
シェイク・シャックのコンクリーツ

ハンバーガーの人気店、シェイク・シャックのコンクリーツも見逃せません。フローズンカスタードと呼ばれるシェイク・シャック特製アイスとチョコレートファッジやバナナなどが混ざったコンクリーツはまるでサンデーのようにこってり。しかも種類が店舗によって違うんですよ~。エンパイアステート、ナチュラルヒストリーなどお店のロケーションにちなんだネーミングもされていて楽しいんです。マンハッタン内でも9店舗あります(ペンシルバニア駅店はフローズンカスタードはありますが、コンクリーツは扱っておりません)。
全店舗制覇しちゃう?

アイスクリームサンドイッチも見逃せない!

ザ・グッド・バッチ・ベーカリー

アイスクリームをクッキーで挟んだアイスクリームサンドイッチはアメリカ人の大好物。ぜひアイスクリームサンドイッチも食べてほしいです。単純な組み合わせなようですが、アイスクリームでしっとりとしたクッキーが冷たさを和らげてくれて食べやすいです。アイスクリーム専門店ではないのにアイスクリームサンドイッチの人気店として有名なのがこのお店です。キャラメルライスクリスピークッキーやブラウニータイプ等のクッキーにミントアイスクリームやバニラアイスクリームなどのオリジナルコンビネーションがたまりません。また期間限定メニューもあります。スモーガスバーグにも出店しています。
オッドフェローズ・アイスクリーム・イーストビレッジ店

オッドフェローズのイーストビレッジ店はアイスクリームサンドイッチがメインのお店です。おすすめはブリオッシュサンドイッチ。温めたブリオッシュでアイスクリームを挟みトッピングとソースをかけて仕上げます。ボリュームたっぷりです。時間がたって溶けたアイスクリームとブリオッシュを絡めて食べるのも美味しい。ケーキ感覚で食べることが出来ます。アイスクリーム、トッピング、ソースと選べます。

ホーリー・クリーム

アメリカ人はドーナツが大好き。もちろんドーナツとアイスクリームのコンビもあります。その代表店がこちらです。アイスクリームの種類、ドーナツのトッピング、ドーナツのグレーズを選んで自分だけの組み合わせが楽しめます。トッピング選びは絶対迷うはずです。ただし、ボリュームたっぷりですのでご注意くださいね!

インスタグラムで人気のシェイクを食べてみました

ブラック・タップ

現在のSNS受けを狙ったド派手ブームはこのクレイジー・シェイクで始まりました。類似店も登場しています。ナビもずっと気になっていたのですが大きさにひるんでしまい、なかなか訪問できませんでした。今回、ようやく訪問です。ナビはバムバムシェイク(Bam Bam Shake)をオーダー。運ばれたシェイクは高さがありインパクトあります。ですが、ホイップクリームにシェイクでほとんど液体なので意外とあっさり完食です。正直、お味はまぁ普通でした。見た目を楽しむお店です。2017年6月からフードトラックも登場しました。
いかがでしたか?
アイスクリームはできれば2スクープをオーダーして色々なフレーバーを味わってほしいですね~。もちろんグループでシェアして食べ歩きもいいですよね!冷た~いスイーツはお持ち帰りできませんので思う存分ニューヨークでニューヨークの味を堪能してくださいね。
以上、ニューヨークナビでした。

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

記事登録日:2017-06-23

ページTOPへ▲

その他の記事を見る