閉店・移転、情報の修正などの報告

全米で大人気のアーバンアウトフィッターズが手がける、初のコンセプトストア!ブルックリンのおしゃれな3階建てのビルにはバーやレストランも!

こんにちは、NYナビです。長かった冬も終わり、ニューヨークもようやく春らしい気候になってきました。そんな中、今では世界各地からの観光客でにぎわう人気のエリア、ブルックリンのウイリアムスバーグに新しいコンセプトストアがオープンしました!ここはなんと、日本でもファンが多い、アンスロポロジーの系列チェーン、アーバン・アウトフィッターズがプロデュースしているライフスタイル提案型のおしゃれなスペース。さっそくチェックしてみましょう!
ウイリアムスバーグの目抜き通りとして知られているのはベットフォード・アベニュー。地下鉄Lライン、ベッドフォード・アベニュー駅で下車すると目の前に通っている通りです。数々のカフェ、レストラン、バーやブティックなどが軒を並べます。週末には古本や古着、アートを売っている人の姿もちらほら。ウイリアムスバーグに言った事のある方ならベッドフォードにも行った人も多いのでは?
年々人気が大きくなっているこの地域、ベッドフォード・アベニューだけでなく、その付近の小さな通りには様々なお店が点在しています。そんな中ベットフォード・アベニュー駅から1ブロックのN.6th St.にここ数年たくさんのショップやレストランが出現、人気を集めています。そんなストリートにある元倉庫だった、地上3階、地下1階、そして大きな屋上スペースも備えるスペース、‘スペースナインティエイト’には、今までのアーバンアウトフィッターズの支店にはなかった始めての試みがいっぱい。

ブルックリン在住アーティストのとっておきの商品たち

アーティストたちが昔の家賃の安さ、そしてスペースの広さなどから移り住み大きくなっていったウイリアムスバーグ。今でも様々な才能あふれたアーティストたちがスタジオなどを構えています。ここ、スペース・ナインティエイトでは、そんな今人気の地元アーティストの作品もセレクトして販売されています。アクセサリー、オーガニックのボディープロダクト、インテリア小物など、ナチュラルで洗練されたデザインのアイテムたちが素敵にディスプレイされています。マンハッタンの大型店などでは見つからないユニークでセンスあふれる物が見つかるかも?

男性と一緒でも安心!充実の品揃えでトータルショッピング

アーバンアウトフィッターズといえば、元々オリジナルのファッションラインもいくつか展開、手頃な値段でトレンディーでカジュアルな若者に大人気の商品を多く扱っています。
レディースのみならずメンズラインも展開、大きな店内は男性と一緒にいても彼らもショッピングできるのでとても便利。オリジナルラインのレディースは服のみならずジュエリーやアクセサリーにまで及ぶ。種類も豊富に取り扱っているので選ぶのに時間がかかってしまいそうです。
今人気のカジュアルブランドなどもちゃんと扱っているのでここ、スペースナインティエイトに行くだけで頭からつま先まで、完璧なコーディネートでトータルショッピングが可能なのも魅力の一つ。

今話題のポップアップスペースも!

ニューヨークで今流行っている、期間限定で出現する小さなスペース、ここNYでは‘ポップアップ’と呼ばれ、レストランやギャラリースペース、そしてショップなどのポップアップを目にすることがあります。スペースナインティエイトでは、そんな期間限定でショップがセレクトしたアーティスト、そしてデザイナーなどのアイテムを購入する事も可能です。オープン直後の現在は、大きな地下のスペースではアディダス・オリジナルとアーティスト、ジェイソン・ウッドサイドの限定コラボアイテム、そして彼の作り出すアートの展示されたカラフルで素敵なスペースが展開されています。ジェイソンによるスクリーン・プリントなどのイベントが行われたりもしました。そして一階ポップアップ・ストアスペースでは現在はブルックリンで大人気のサーフショップ、Salt Surfのショップがオープン中。サーフボードから小物まで、シンプルでセンスのあるアイテムがいっぱい。こうやって、期間限定のショップ、ギャラリースペースなどを展開しているので何回行っても違った楽しみ方が出来るのもスペースナインティエイトの魅力です。

レストラン、屋上のイベントスペースも見逃せない!

そしてなんと自然光の降り注ぐ3階の大きな
スペースは、5月にオープン予定のレストラン。アメリカの人気料理番組、‘トップ・シェフ’のチャンピオンでロサンゼルスにレストランを構えるシェフ、イラン・ホール氏がプロデュースするモダンアメリカンフードを楽しむ事が出来る。この広々としたスペースではショッピングの合間に一息、コーヒーやアルコールも完備しているというのがまた素敵。
photo; driely s

photo; driely s

そしてこのビルにある大きな屋上スペースも忘れてはいけない。これから夏にむけて、たくさんのパーティーや、バンドなどによるショウなどが企画されているようです。屋上にも素敵なバーがあるので、ドリンクを楽しみながら、ブルックリンから川越しに望むマンハッタンのスカイラインは格別。なかなかこの地域で屋上に出られる場所は限られているのでぜひチェックしてみよう。

オープンしたばかりのスペースナインティエイト、美しいスペースの中には大きな可能性が広がっています。この他にもレコードやアートブック、セレクトされた古着、リメイクされたビンテージグッズなどがセンスよく並べられて、ショッピングしているとあっという間に時間が経ってしまいます。ファッションだけでなく、センスのあるライフスタイルを丸ごと提案しているこのスペース、ウィリアムスバーグに行った際はぜひチェックしてみてくださいね。では、NYナビでした!!

記事登録日:2014-05-01

ページTOPへ▲

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2014-05-01

  • ホテル予約
チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供