11&12月のニューヨーク【2018年】

11月中旬以降はクリスマス関係のイベントが目白押しです。ホリデーシーズンのニューヨークはいつも以上に楽しいです。

こんにちは、ニューヨークナビです。
今年もホリデーシーズンの華やかな時期に突入です。今年は10月中旬でショップはすでにクリスマス商戦向けの商品が並んでいます。クリスマスモードに入るのが年々早くなっているんですよ~。それでもやっぱり本番はクリスマス色が濃くなる12月です。この時期はツリー巡り、クリスマスマーケット巡り等と忙しいですよ。クリスマス関係のイベントは12月中旬くらいまでがピーク。クリスマス当日は打って変わって街は静かです。なお、夜の街歩きが多くなると思いますのでくれぐれも寒さ対策万全でお出かけくださいね。
それでは、2018年の11月と12月をご紹介します。

カレンダー編

冬時間スタート 11月4日
11月4日の午前2時に冬時間が始まります。時計の針を1時間遅らせましょう。日本との時差は14時間になります。

ベテランズデー 11月11日(12日)
今年は日曜日ですので12日が振替休日です。12日は図書館、郵便局、銀行はお休みになりますが、観光地、レストラン、ショップは普段通りの営業です。

サンクスギビングデー 11月22日
主な観光スポット、ショップは休業、営業している場所は限定的です。ただし、スーパーやスイーツショップは午前中営業する場所があります。また、デパート、ディスカウントストアなどの大手チェーンはブラックフライデーセールのため夕方から営業する場所が増えています。飲食店はアジア系、観光地のレストランは営業します。なお、洋食系レストランで営業しているスポットは通常メニューはなくサンクスギビングデー特別メニューのみのこともありますので事前にウエブサイトなどで確認を。翌日23日も休業し4連休になる企業が多いです。オフィス街にある飲食店、ショップは23日も休業の可能性があります。

クリスマス 12月25日
クリスマスはショップ、観光スポット、レストランほぼ全面休業。1年で一番街が静かな日です。思ったように観光、買い物はできませんので前後の日程とあわせて計画は慎重にしましょう。洋食系レストランで営業している場所は少なく、かつクリスマス特別メニューのみの場合がありますので事前に確認を。アジア系、観光エリアのレストランは営業しています。冬場は需要が落ちるアイスクリーム店のようにクリスマスから年始まで休暇に入るお店も一部ありますが、12月26日からほとんどのショップ、スポットがいつも通りの営業に戻るのでご安心を。

※サンクスギビングデー前日、クリスマスイブ、大晦日はショップ、レストランともに短縮営業となるお店が多いのでご注意くださいね。

天気・気候編

11月初旬

11月初旬

今年は10月中旬ですでに吐く息が白く、手袋着用の日がありました。例年、11月中旬には朝晩は氷点下になることもあります。11月以降は東京の冬同様で手袋、マフラー、コートは必須です。12月になるとさらに気温は低くなります。大雪にはなりませねんが12月中旬以降は雪も降ります。足元も冷えますのでブーツやスニーカーがおすすめです。寒さ対策で靴用のホッカイロがあると便利です。ホッカイロはこちらでも買えますが日本より値段が高いので持参したほうが良いですね。また、気温が下がるにつれ乾燥し、静電気が起こりやすくなります。日本よりも乾燥しているせいか静電気も強くて痛いです。静電気防止グッズがあると安心です。

<11月の気温>
平均最高気温:12℃ (華氏54°)
平均最低気温:5℃ (華氏41°)
<12月の気温>
平均最高気温:6℃ (華氏43°)
平均最低気温:0℃ (華氏32°)


イベント編

紅葉
期間:11月初旬から11月中旬くらいまで
場所:セントラルパーク、ブルックリン植物園、プロスペクトパーク


ニューヨークは大都会ですが、公園を中心に紅葉が楽しめます。やはり行きやすいのはセントラルパークでしょう。
ブライアントパークホリデーマーケット
期間:10月27日から2019年1月2日まで
営業時間:月曜日から金曜日は午前11時から午後8時まで、土日は午前10時から午後8時まで。

*サンクスギビングデー、クリスマス、元日も営業していますが、店舗により時間は異なります。

ニューヨークで最大規模のホリデーマーケットです。アイススケートリンクを囲むようにハンドメイドの雑貨から飲食店まで約170店舗が出店します。アイスケートリンク脇にはカフェ、反対側にはアイススケートリンクを見下ろす休憩スポットもあります。12月初旬にはクリスマスツリーも登場します。他のホリデーマーケットと違いクリスマス後の年明けまで営業しています。
ニューヨークシティマラソン
日時:11月4日 


スタテンアイランドからスタートし、市内5区を走りセントラルパーク(西側67丁目付近)でゴール。早朝から始まり、ほぼ1日開催されます。なお、当日は市内は交通規制がしかれるので時間の余裕をもって移動してくださいね。

ベテランズデーパレード
日時:11月11日 午前11時15分から午後3時30分まで
パレードルート:5番街 26丁目から50丁目まで


26丁目からスタートし、5番街を50丁目まで北上します。

グランドセントラル・ホリデーフェア
日時:11月12日から12月24日
月―金:午前10時から午後8時、土曜日:午前10時から午後7時、日曜日:午前11時から午後6時
サンクスギビングデーは休み、12月24日 午前10時から午後6時
場所:グランドセントラル駅バンダービルドホール


屋内で開催されるホリデーマーケットです。約40店舗が出店します。衣料品や雑貨が中心です。
ホリデー・トレインショー
期間:2018年11月15日から2019年2月3日まで
場所:ニューヨークトランジット博物館ショップ

今年で第17回目を迎えるホリデーシーズン恒例イベントです。グランドセントラル駅構内のニューヨークトランジット博物館ショップにニューヨークの摩天楼のジオラマと鉄道模型が登場します。無料です。お土産ショッピングついでに覗いてみてくださいね。

ユニオン・スクエア・ホリデーマーケット
期間:11月15日から12月24日
(サンクスギビングデー休み)
月-金:午前11時から午後8時、土曜日:午前10時から午後8時
日曜日:午前11時から午後7時
(12月24日は早めに終了する可能性あり)

ニューヨークのホリデーマーケットの代表ともいえるユニオンスクエアホリデーマーケット。約100店舗出店します。雑貨や衣類のお店から歩きながら食べられるスナック系も充実しています。
オリガミツリー展示
期間:11月20日から2019年1月7日
場所:アメリカ自然史博物館


ニューヨークを代表するクリスマスツリーの一つです。オーナメントがすべて折り紙細工。オーナメントの数は800以上。毎年、ボランティアの手により7月から折り始めます。
メトロポリタン美術館ツリー展示
期間:11月20日から2019年1月6日まで
場所:メトロポリタン美術館


こちらもニューヨークで見たいツリーの一つです。ツリーの飾りはほとんどが18世紀の物です。キリスト降誕のシーンを根本に再現した美しい威厳のあるツリーです。
メイシーズサンクスギビングデーパレード準備
日時:11月21日 午後3時から午後10時 
場所:アメリカ自然史博物館付近

サンクスギビングデーパレ―ドの目玉、巨大風船の準備をする様子が見学できます。アメリカ自然史博物館をぐるっと囲むように風船が並びます。毎年、大人気で周辺には長蛇の列ができます。風船が膨らんで形が分かり始める午後4時30分以降の訪問がおすすめです。
メイシーズサンクスギビングデーパレード
日時:11月22日 午前9時から午後12時まで
パレードルート:77丁目とセントラルパークウエストよりスタートし、セントラルパークウエストを59丁目まで南下。59丁目沿いを6番街まで進み、その後は6番街をメイシーズまで南下。


今年で第92回目。大型風船のハローキティ、ピカチューなどにマーチングバンドがニューヨークを練り歩きます。風船の大きさは3階建てビルに匹敵します。見学の場所取りは早い人では午前6時頃から始まりますが、パレード開始後に到着しても十分風船は見えますので遅くありませんよ~。おすすめの場所は10時30分頃までは75丁目から59丁目までのセントラルパーク沿いの西側(セントラルパーク側は一般入場不可)、9時30分以降ならばコロンバスサークル付近、6番街沿いです。また、タイムワーナーセンタービルの2階からも見えます。なお、34丁目から38丁目は関係者専用席となり一般入場不可です。テレビはNBCで中継されます。
ブラック・フライデー・セール
11月23日


年に一度の大セールの日です。以前はサンクスギビングデー翌日のみでしたが、セール開始が年々早くなっています。今年はアマゾンやターゲット等の大手チェーンを中心に10月末、11月初旬からプリ・ブラックフライデー・セールが始まるのでさらに早くなっています。ただ、本当に安くなるのはサンクスギビングデーの週との予想です。

ウィンターイブ・アト・リンカーンスクエア
日時:11月26日 午後5時30分から午後9時まで
場所:タイムワーナーセンターからリンカーンセンター付近までのブロードウェイ沿い


リンカーンセンター前のクリスマスツリー点灯式も兼ねた野外イベントです。ツリー点灯式はブロードウェイと63丁目にて開催。他にもライブ音楽パフォーマンス、氷彫刻パフォーマンスも予定されています。また、周辺レストランによる飲食屋台も登場します。イベントはタイムワーナーセンターからリンカーンセンターまでのブロードウェイ沿いで開催されます。
コロンバスサークル・ホリデーフェア
期間:11月28日から12月24日
月-土:午前10時から午後8時、
日曜日:午前10時から午後7時
(12月24日は午後4時で終了)
場所:コロンバスサークル

約120店舗参加予定。ユニオンスクエアのホリデーマーケットと同じ系列です。アクセサリー、雑貨、衣類の小物から食べ物屋台も多く出店します。セントラルパーク散策と併せて寄ってみてくださいね。

ロックフェラーセンター・クリスマスツリー点灯式
日時:11月28日 ライブパフォーマンス午後7時スタート
場所:ロックフェラーセンター

ニューヨークのクリスマスに欠かせないロックフェラーセンターのツリー。
ツリーの準備は11月中旬に始まります。点灯式は午後7時から午後9時までが音楽、ダンスなどのパフォーマンスです。実際のライトアップは午後9時頃。点灯式の見学は無料ですが場所取りの人達で夕方には込み始めます。テレビ中継はNBCで午後8時から始まります。ツリーのライトアップ期間は2019年1月7日の午後9時までです。平日は午前5時30分から午後11時30分、クリスマスは24時間、大晦日は午後9時までライトアップされます。
なお、11月28日は夕方から周辺が込みますので十分時間を取って移動してくださいね。

ニューヨーク公共図書館クリスマスツリー展示
期間:12月3日~
場所:ニューヨーク公共図書館


12月2日に招待客限定のセレモニーがあります。その後、一般公開が始まります。ツリーは5番街側の入口ロビーに設置されます。品のあるツリーです。



タイムズスクエアカウントダウン
日時:12月31日
場所:タイムズスクエア(ボールが落ちる場所は43丁目とブロードウェイ)

大晦日の大恒例イベントです。ブロードウェイ沿いの43丁目から50丁目、7番街沿いの43丁目から59丁目までが見えやすい位置です。年々、見学者が増え て場所取りの時間も年々早くなっています。お昼頃から到着する人もいます。混雑状況により序々に周辺道路は閉鎖されます。参加する場合は防寒対策万全で訪れてください。なお、周辺の地下鉄駅も閉鎖になります。また、夕方以降は周辺道路が閉鎖され迂回を余儀なくされるので十分な時間をもって移動してください。テレビ中継もあります。
大晦日の夕方以降はカウントダウンに参加しないならばタイムズスクエア付近は避けたほうが無難です。


まだまだあるクリスマス関係イベント

クリスマス関係イベントはまだまだあります。日程が発表になっていませんが、代表的なものをご紹介します。お見逃しなく。

11月中旬から年明け
各デパートのホリデーショーウィンドー


市内のデパートのホリデーショーウィンドーもこの時期の定番イベントです。ショーウィンドーがクリスマス特別デコレーションになります。毎年、どのデパートも趣向を凝らしたデコレーションです。さらにサックス・フィフス・アベニューは5番街に面した壁全体をライトショーも開催しています。この時期はお買い物の予定がなくともデパート巡りしてみてくださいね。
11月下旬または12月初旬
ニューヨーク証券取引所のクリスマスツリー


今年で95回目を迎える歴史のあるクリスマスツリーです。点灯式は例年11月下旬から12月初旬の間に開催されます。緑と赤にライトアップされた証券取引所のビルとともにお楽しみくださいね。
12月初旬以降
オキュラスのライトショー


ワールドトレードセンターにあるオキュラスも例年、ライトショーが開催されます。オキュラスの屋根全体がライトアップされ数分おきに色が変わります。
いかがでしたか?
クリスマス前のニューヨークは綺麗なだけでなく活気があります。クリスマスツリーやデコレーションは年明けまで楽しめます。ぜひ、ホリデーシーズンのニューヨークを楽しんでくださいね。
以上、ニューヨークナビでした。







上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

記事登録日:2018-10-21

ページTOPへ▲

その他の記事を見る